新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年02月14日 10時27分 UPDATE

「ゲームボーイカラーの色にクリアパープルを選んだ人はオタクになる」説が話題に 「当たってる」の声続出 一体なぜなのか

これはただの偶然なのか……?

[結城くすり,ねとらぼ]

 「ゲームボーイカラーの色にクリアパープルを選んだ少年は、将来高確率で気持ち悪いオタクになる」という説がTwitterに投稿され、「なぜかめちゃくちゃ当たってる!」と話題になっています。


 発端はにゃるらさんのツイート。「これは自分も含めているので自信がある」と前置きをした上で、「クリアパープル=オタク」説を提唱しました。

 すると、その説を実際に確認した人が現れ、「まさかと思いながら自分のゲームボーイカラー掘り出したら案の定クリアパープルだった」とツイート。それを機に「私もクリアパープルだった」「キモオタですがクリアパープルです」「俺もクリアパープルだ」という人たちが続々と声を上げました。


 その反応を見ていく限りでは「オタクのクリアパープル率」はあまりに高く、その理由として「クリアパープルは絶妙に厨二心を刺激するからそうなるのでは?」という推察も投稿されました。確かにあの透けて見えるメカ感が厨二心をくすぐるというのは、妙な説得力があります。

ゲームボーイカラー・本体カラー:6色(レッド・パープル・イエロー・ブルー・クリアパープル・クリア) カラーラインアップ(画像はゲームボーイカラー公式サイトより)

 しかし逆に、「レッドだった私はオタクで、クリアパープルだった妹はリア充」「クリアパープルを買った姉はかすりもせず元気に非オタ」「むしろ、周囲の知り合いクリアパープルばかりだったけど誰もオタクになってない気がする」などの反対意見も見られました。


 これらの意見は「自分はオタクでクリアパープルだった!」という反応より数は少なかったものの、やはり一概に「オタク=クリアパープル」と決め付けるのは早計なようです。

 また、「オタクがクリアパープルを選ぶでのはなく、そもそもクリアパープルが人気だったから、クリアパープルを持ってるオタクが多いだけ」という解釈も見られました。


 実際、任天堂が出したデータによると、ゲームボーイカラーで最も売れた色はクリアパープルであったようです。ということつまり、「クリアパープル=オタク」なんて事実はない……!?

任天堂が出した統計 画像は任天堂公式の統計より

 とはいえ、実際に正確な統計を取らないことには本当のところは分かりません。完全に信じるのでも、ウソと決め付けるのでもなく、ちょうどいいバランスで楽しむのが一番かもしれませんね。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー