ニュース
» 2016年02月15日 16時01分 UPDATE

竹書房のサジェストが「ポプテピピック」のせいで“指定暴力団”に なおその前は“倒産”だったもよう

※普通の出版社です。

[コンタケ,ねとらぼ]

 雑誌「近代麻雀」や「まんがくらぶ」を出版する竹書房のGoogle検索サジェストの最上位が、現在“指定暴力団”になっています。同社の営業本部長である竹村響さん(@pinkkacho)が、Twitterで明かしました。なにそれこわい。




指定暴力団 この通り


指定暴力団 Twitterに至っては「して」で出てきてしまう

 原因は「某漫画」のせいとのことですが、これは同社のWebコミックサイト「まんがライフWIN」で連載していた4コマ漫画「ポプテピピック」(関連記事)のことかと思われます。同作品では主人公のポプ子ちゃんが竹書房の看板に“指定暴力団”とマジックで書き足すネタがあり、過去に公式Twitterがこのネタを投稿したことがありました。



 同作品内でも比較的完成度の高いネタだったこともあり、このツイートは1万2000件以上リツイートされています。また、「竹書房」の部分を別の社名に書き換えるコラ画像がネット上に多く出回っており、使い勝手のよさも評価されているもよう。ソーシャルゲームのガチャで爆死したときなど、よく使われいるようです。

 「とびっきりのクソ4コマ」というキャッチコピーのもと単行本も出版された「ポプテピピック」ですが、打ち切り後もなお影響を残し続けるあたり普通の漫画にはない魔力のようなものを感じます。


単行本 ヤバさしか感じない「ポプテピピック」単行本の表紙(画像はAmazonより)

 ただし、サジェスト1位が「指定暴力団」になる名前は「倒産」だったらしく、竹村響さんも「現実に巻き起こった究極の選択になにかと複雑な気持ちでいる」「まあ選べもしなかったわけですが」と語っています。闇が深い……。サジェストはあくまでも「ポプテピピック」のせいであり、竹書房は普通の出版社ですので変な勘違いを起こされませぬよう。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー