新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年02月16日 22時18分 UPDATE

レディ・ガガ、グラミー賞式典でデヴィッド・ボウイに変身 インテル技術で“動く稲妻メイク”を顔に投影

ボウイのパフォーマンスへの意志を受け継ぐようなステージ。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 2月16日(米時間15日)、米ロサンゼルスで開催された音楽の祭典「第58回グラミー賞授賞式」で、レディ・ガガがパフォーマンス役として登場。1月に亡くなったデヴィッド・ボウイの追悼企画として、インテルの技術協力によってボウイのメイクを顔にプロジェクションマッピングする演出を披露し、見事ボウイに変身しました。

デヴィッド・ボウイ ガガの顔に

デヴィッド・ボウイ ボウイの稲妻メイクが走っていく

 もともとボウイのファンとして知られていたガガは、授賞式前日となる14日にボウイの顔のタトゥーを脇腹に入れ、その写真をTwitterで公開して話題に。ステージでは、ボウイが自身のアルバム「ジギー・スターダスト」(1972年)で演じた架空のキャラ、ジギー・スターダストを彷彿(ほうふつ)とさせるオレンジ色の髪型とメイクで現れ、ボウイの曲10曲を約6分間のメドレー形式で歌い上げました。

デヴィッド・ボウイ ボウイに扮するレディ・ガガ(C)Getty Images

 1曲目「Space Oddity」では画面いっぱいに曲を歌うガガの顔が映し出され、その顔面に、ボウイを象徴するメイクを次々とプロジェクションマッピングで投影。おでこから頬へとゆっくり稲妻の模様を走らせ、アルバム「アラジン・セイン」の“稲妻メイク”を再現したり、額に満月を映し出しジギー・スターダストのメイクに変身したり。生前ボウイが演じては脱ぎ捨ててきた仮面を、ガガがもう一度着けていったかのようなパフォーマンスです。

デヴィッド・ボウイ 蜘蛛(くも)が顔面を走り回る演出も

デヴィッド・ボウイ そして蜘蛛がおでこで満月に変化。ジギーだ……!

デヴィッド・ボウイ 2曲目の衣装には「出火吐暴威」の漢字が!!

 2曲目「Changes」では、漢字で「出火吐暴威(デヴィッド・ボウイ)」と書かれた白いマントを着て登場。日本のファッションデザイナー・山本寛斎さんが、過去にボウイのために製作した衣装を今回特別に再現したそうです。「出火吐暴威」という語呂合わせのインパクトも相まって、日本のTwitterでも大きく話題になっています。

デヴィッド・ボウイデヴィッド・ボウイ マントを2つに裂いて別の衣装に! 早着替えもボウイの名パフォーマンスの1つでした

デヴィッド・ボウイデヴィッド・ボウイ そのほかピアノの足が動き出したり、スクリーン上でガガが万華鏡のようになったりと、現代技術でさまざまな演出が

 このほか4曲目「Suffragette City」でピアノの足がロボットのように動き出したりと、ボウイへ畏敬の念を表しながらも現代の技術で斬新な演出を披露。常に劇的なパフォーマンスを求めてスターとして在り続けた、ボウイの意志を継ぐようなステージとなりました。

 グラミー賞公式は、ガガのステージをYouTubeでも公開。インテルがステージに技術を取り入れているメイキング映像も少し流れます。ちなみに10曲メドレーの曲順は、「Space Oddity」「Changes」「Ziggy Stardust」「Suffragette City」「Rebel Rebel」「Fashion」「Fame」「Under Pressure」「Let‘s Dance」「Heroes」でした。

黒木貴啓


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事