新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年02月16日 22時20分 UPDATE

福島県が実話に基づいた短編アニメを公開 福島ガイナックスが制作

東日本大震災後に起きた出来事と県民のさまざまな思いを伝える。

[ねとらぼ]

 福島県は2月15日、実話を基にした短編ドキュメンタリーアニメ「みらいへの手紙〜この道の途中から〜」を公開しました。特設サイトとYouTubeで視聴できます。

 長さは約26分、10本の作品から構成されています。東日本大震災後に起きた出来事や県民のいろいろな思いを伝えるために企画したもので、「新世紀エヴァンゲリオン」のガイナックスが2015年1月に設立した「福島ガイナックス」が制作を担当。タイトルコールは松井愛莉さん、ストーリーテラーはディーン・フジオカさんと福島県出身の俳優が務めています。

みらいへの手紙 二通めの手紙「あたしの先生」より

みらいへの手紙

みらいへの手紙

みらいへの手紙

 「福島、と括られても、ひとりひとりそれぞれに、立場と思いは様々」――特設サイトにはクリエイティブディレクターの箭内さんによるメッセージが添えられています。制作ドキュメンタリーも公開されており、あわせて見ると理解が深まります。

関連キーワード

福島県 | 手紙 | アニメ | ドキュメンタリー


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事