新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年02月17日 09時47分 UPDATE

時代は空から海へ 水中観測ドローン「OpenROV」が日本でも発売へ

水中、それは身近なフロンティア。

[Jun,ねとらぼ]

 セキドから水中観測、撮影が可能なドローン「OpenROV v2.8 水中ドローンキット Japan Limited」の先行予約が開始されました。リリース時期は2月中旬、価格は税込みで37万8000円です。


OpenROV外観 潜水艇のような外観

 すでに海外でリリースされていた「OpenROV」は、組み立て、調整、テストなどを自分で行う必要がありました。セキドが今回販売する「OpenROV v2.8 水中ドローンキット Japan Limited」には、必要な機材がすべてセットされ、動作テストされた状態で出荷されるため、届いたらすぐに水中探索を始めることができます。



 空中を飛ぶドローンと比べてしまうと高価ですが、通常のROV(遠隔操作無人探査機)は数百万〜数千万円するとのこと。それに対して「OpenROV」は、個人でも気合いの入れ方次第でなんとか手が届く、という価格帯です。

 性能面においては充電式リチウム電池で2時間駆動し、深度100メートルまで潜れることから、十分といえるでしょう。操作面においてもUSB接続のゲームパッドを利用できるので安心……! という方も、筆者を含めて多いのではないでしょうか。


OpenROV潜航 ネットで水中を実況! とか面白そうですね……でも場所とロストにご注意を!

 さらに詳しい情報は、セキドが運営する「OpenROV JAPAN」から参照することができます。そしてこのサイトでは、とても共感できる「OpenROV」誕生秘話も紹介されています。

「我が家の近くにある水中洞窟にはお宝が沈んでいるという噂がある。何とかして調べられないものだろうか?」という考えから、本当に水中探査ができるロボットを作ってしまったというのが、低コスト水中ロボット「OpenROV」です。(OpenROV JAPANより)


 お宝でなくとも、湖の首長竜や、河童伝説など…数々の謎が日本各地の水中にあります。もし自分がこのドローンを手にすることができたなら、その謎に近づくことができるかも……ワクワクと妄想が止まりません。


(Jun)


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事