新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年02月17日 16時19分 UPDATE

“働かないアリ”は集団の長期的な存続に必要 北海道大学が研究

働くアリが疲れたときに、働かないアリが代わりに仕事をしてくれる。

[ねとらぼ]

 アリの集団にいる働かないアリは、集団の長期的な存続に必要――こんな研究結果を北海道大学が発表しました

働かないアリ 研究 北海道大学の発表

 アリのような社会性昆虫の集団には、常に2〜3割の割合で働かない個体が存在します。こうしたアリは集団の短期的な生産効率を下げ、一見無駄に見えます。

 研究チームはシミュレーションにより、「普段働くアリが疲れたときに、普段働かないアリが働く」場合と「全員が一斉に働く」場合を比較。その結果、前者の方が集団が長続きしたとしています。

 集団には「常に誰かがこなしていないと全体が致命的なダメージを受ける仕事」があり、普段働いているアリが疲れたときに、普段働かないアリがそれを代わりにやることで、全体の致命的な被害を防げるという研究チームは説明。集団の長期的存続のためには「常に働かないアリを常駐させることが必要」としています。

 研究論文は科学誌「Scientific Reports」に掲載されています。

Scientific Reports 論文

関連キーワード

北海道 | 北海道大学 | 昆虫


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ねこ漫画「チーズスイートホーム」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー