新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年02月20日 14時53分 UPDATE

絶滅が懸念されているインドサイの赤ちゃん、トロント動物園で誕生

インドサイは自然界におよそ2000頭しかおらず、レッドリストでは危急種となっています。

[大場巧揮,ねとらぼ]

 カナダのトロント動物園で、絶滅が懸念されているインドサイの赤ちゃん(オス)が誕生しました。



 トロント動物園によればインドサイは自然界におよそ2000頭しかおらず、自然保護機関であるIUCN(国際自然保護連合)が発表する「絶滅のおそれのある種のレッドリスト」において危急種に指定されています。過去には絶滅危惧種に指定されていましたが、その後の保護活動により絶滅のリスクがやや少ない危急種になっています。


トロント動物園でインドサイ誕生 レッドリスト

 赤ちゃんを産んだのは11歳のインドサイ、アシャキラン(愛称アシャ)。生まれた後の赤ちゃんは摂食状態も健康状態もよかったようです。生まれてから30日は母子ともに重要な時期となるためマタニティエリアで慎重に見守られることとなります。


トロント動物園でインドサイ誕生 生まれた赤ちゃん


絶滅が心配されるインドサイの赤ちゃん か、かわいい...

 今回生まれた赤ちゃんは、アシャと12歳のオス、ビシュニューにとってはじめて生きて生まれた子どもだそうです。2011年にアシャは死産しており、その後妊娠はするも、長く妊娠状態が続かない状況にありました。そこでトロント動物園はシンシナティ動物園と提携し、妊娠状態が続くようにアシャにプロゲステロン(黄体ホルモン)を与えていました。


トロント動物園でインドサイが誕生 現在はマタニティエリアにいます

 トロント動物園の園長マリア・フランケさんは「トロント動物園の素晴らしいチームが大変な努力をし、献身的になってくれたことでこの意義深い赤ちゃんの誕生を迎えられた。感謝したい」と話しています。

 トロント動物園にとってインドサイの誕生はこの赤ちゃんで4回目となります。最後に生まれたのは1999年のサニャ。現在はオハイオの野生動物保護区にいるそうです。

 アシャと赤ちゃんは現在マタニティエリアにいるため、見ることはできません。

関連キーワード

赤ちゃん | 動物園 | 自然保護


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事