新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年02月21日 13時55分 UPDATE

これが紙だと……! 思わず二度見するほどリアルに再現されたペーパークラフト加賀が竣工される

飛行甲板直上からの攻撃に注意してほしい。

[ねとらぼ]

 太平洋戦争の転換点ともいえるミッドウェー海戦で沈んだ大日本帝国海軍空母「加賀」がメンダコさん(@ei_pepakura)の手によりペーパークラフトでよみがえった。なにこれ……本当に紙なの?

加賀加賀 飛行甲板に直撃せずとも火には弱い特性を受け継ぐペーパークラフト加賀さん


 制作期間は6カ月。手すりや空中線などどうしても紙で再現できない部分には針金や糸など使用しているとのことだが、艦載機はもちろん飛行甲板や機銃など大部分は紙で作られている。200分の1サイズとはいえ全長120センチにもおよび、特に飛行甲板裏のトラスに時間を割いたという。

加賀加賀 強そう

 真珠湾攻撃時の改装で、船体のフレームは1ミリの厚紙で組みあげ、そこから紙を覆うように貼り付けていき船体を再現したんだそう。

加賀加賀 トラスは紙を切り抜き貼っていったとのこと。手間がすごい

加賀加賀 職人の技

加賀加賀 飛行甲板上の搭載機は零戦21型と97式艦上攻撃機かな?

 作者のメンダコさんは加賀制作の前には戦艦・長門もペーパークラフトで再現しています。保存スペースの心配をしつつ、今後の活動を期待しております。

加賀 八八艦隊を編成するのかな?

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー