新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年02月23日 12時11分 UPDATE

2016年にSAOのαテストを実施した!? 「ソードアート・オンライン ザ・ビギニング」サイト上でプロローグ公開

実際に開催されるαテストの詳細も明らかに。

[高城歩,ねとらぼ]

 日本IBMは昨日2月22日、小説「ソードアート・オンライン」(SAO)とコラボしたイベント「ソードアート・オンライン ザ・ビギニング Sponsored by IBM」を開催すると発表(関連記事)し、話題となりましたが、このたびWebサイトを正式にリリース。“SAO”の世界が現実となるVRゲームの企画詳細が少しずつ明らかとなってきました。


画像 「ソードアート・オンライン ザ・ビギニング」公式サイトより

 公式サイトではイメージムービーや、IBMと“SAO”のコラボが切り開く未来に関する概要、そして「ソードアート・オンライン」原作者の川原礫さん監修のもと、原作小説内では2022年にサービスを開始するVRMMOゲーム「ソードアート・オンライン」が、実は2016年にαテストを行っていたという誕生秘話を閲覧することができます。

 ただのプロローグとあなどるなかれ、その内容は本格的なSF小説の様相。SAOの開発ディレクターである茅場晶彦さんが登場し、あの世界へつながっていく伏線が……。


画像 「ソードアート・オンライン ザ・ビギニング」プロローグ。サイト上で読むことができます

 また、気になる“SAOのαテスト”と称した「ソードアート・オンライン ザ・ビギニング Sponsored by IBM」の内容ですが、イベント参加者自らをスキャンした3Dモデルがアバターとして登場し、バーチャル・リアリティ空間でつながれた他の参加者たちと共にゲームを体験。IBMのクラウド・サービス「SoftLayer」をシステム基盤として活用することで、高負荷なデータが高速処理され、現実世界の臨場感がVRMMOゲーム上で実現されるとのこと。これは期待が高まります。



 また、IBMのコグニティブ・コンピューティング・システム「IBM Watson」が未来のゲームにおいて活用されたらどのようなことが可能になるのかをイメージしたナビゲーター「コグ(CV:伊藤 かな恵)」がゲーム内に登場するのだとか。

 なお、体験イベント「ソードアート・オンライン ザ・ビギニング Sponsored by IBM」の参加は公式サイトにて申し込み可能なので、“SAO”のαテスターになりたい! という方は要チェックです。「これは、ゲームであっても遊びではない」。


画像 キリトやアスナたちと同じ世界を体感できる時代に……未来だ

(C)SWORD ART ONLINE THE BEGINNING PROJECT

高城歩


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー