ニュース
» 2016年02月23日 23時20分 UPDATE

小池一夫さんのツイートが「セカンドレイプだ」と炎上 ブログで謝罪

最後まで変わらなかった意見も。

[モリソウイチロウ,ねとらぼ]

 小池提督こと、劇画原作者の小池一夫さんが投稿した、性被害にあった未成年女性についてのツイートが炎上。それに対して小池さんがブログで謝罪する流れとなっています。


 事の発端は、2月21日に報道された中1女生徒連れ去り事件。ネットの出会い系サイトで知り合った岡山市の女子生徒を21歳の男が連れ去り、その後、女生徒が保護されたという事件でしたが、これについて、小池さんが奥様とおぼしき「家人」の言葉として連続ツイートします。

 これらのツイートが、「中1で男が欲しかったのか、お金が欲しかったのか分からないけど、中1で出会い系サイトで男と知り合う女の子は、もう女の子じゃない。女。しかも、倫理観も貞操観念もない女」「あなたの性は、出会い系サイトを利用する、クズに提供するほど安いのか? 女としてのプライドを持て。あなたが売っているのは性じゃない、魂よ」と、被害者の女子生徒をおとしめるような内容だったため、「セカンドレイプだ」「古い価値観のおじいちゃん」「被害者への配慮に欠ける」といった批判が起こり、リプライや引用ツイートの形で炎上していきました。

 さらに、批判リプライに対する小池さんの対応が、「ネット世代に育った中一の女の子が、出会い系で出会った男が何が目的か知らなかったとでも思うのですか?」と、被害者にも非があったという内容であったため、火に油を注ぐ流れに。

 その後、批判者にツッコミを入れる人や、「ある意味、自分の漫画で書いてる通りのことを主張している」と指摘する声などがツイートされ、混戦ぎみの展開となっていきます。

 さらに、この炎上に触発され、某チャットで「家出中の13歳の女子」と偽り、釣り書き込みの実験をする人も登場。深夜なのに30分間で150件ものレスがつく事態になったことをツイートし、小池さんもこれをリツイートします。

 こうした反応を受けて、小池さんは「女の子はあくまで女の子であり、僕を含め『子どもは社会が守る』ことが前提であるという意識が欠落していた」とブログで謝罪


 「皆さまの意見を読んで、僕の意見もずいぶん変わりました。変えさせてくれて、ありがとうございます。そして、意見が変わらなかったこともあります」とし、「僕は、13歳の女の子の落ち度を責めるよりも、加害者の男や、予備軍の男たちを断罪すべきでした」と反省の弁を述べます。さらに、被害者への謝罪も。

さらに、その女の子の背景を考えず、「子供なのに出会い系で男と知り合おうとした少女」という点にのみ言及したことです。
限界を超えるような生活状況だったかもしれないし、思春期特有の自由になってみたいという憧れだったのかもしれませんが、前者だった可能性は大いにあり得ます。
もう一つは、被害に会った女の子に「自らどういう場所かわかっていただろう」と責めるのは、当事者ではない僕ではなく、その子の親や、警察が注意指導すべきことです。
僕がツイッターで責めるべきことではありませんでした。
以上が、僕の考えが変わったことであり、謝るべきことです。ごめんなさい。

 一方、最後まで変わらなかった意見として、「何があっても、女子中学生や女子高生は『出会い系サイト』等にアクセスするべきではない」という点を挙げた小池さん。Twitterでは「ご高齢なのに他者の意見を受け入れ反省できる柔軟な思考」と評価する声が見られる一方で、「家人」のものとされる発言について小池さんが謝罪することへの違和感を指摘する人もいました。

 さまざまな意見が見られますが、謝罪によって火はくすぶりつつもやがて収まるもよう。しかし、性被害を受けた人の立場を考えるということについて、いろいろと考えされられる出来事でした。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー