新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年02月24日 15時50分 UPDATE

レトロモダンなデザインが心くすぐる! テキスト編集専用ガジェット「FreeWrite」がついに一般発売

古き良き雰囲気ですが、実際かなりハイスペック。

[高城歩,ねとらぼ]

 2014年に製品化を目指して開発中だったテキスト編集専用ガジェット「Hemingwrite」(関連記事)が「FreeWrite」と名を新たに、いよいよ一般発売されました。タイプライターやワープロをほうふつとさせる古き良き雰囲気がたまらないっ!


FreeWrite 「FreeWrite」公式サイトより

 「FreeWrite」はテキスト編集に特化した機能だけを凝縮したガジェット。アルミダイキャストのボディは当初の赤ではなくシックな黒のカラーリングに。しかしながら仕様は製品化計画段階とほぼ変更はないようで、ドイツ・Cherry MX製のメカニカルキーボードを採用し、キーボード上にはバックライト付きの電子インクスクリーンが設置されています。内蔵ストレージには100万ページ以上ものテキストをストックすることできるのだとか。

 さらに、Wi-Fiが搭載されており、EvernoteやDropbox、Google Driveと同期するため、書いた文章をしっかりと保存できるのもうれしいポイント。これなら原稿をうっかり紛失してしまうミスもなくなり、後からPCで再編集も可能。しかも持ち運びだって楽チン。これはものすごく便利なのでは!?


FreeWrite 黒というカラーリングもいい感じ

FreeWrite像 使っている様子もスタイリッシュ

 PCで原稿を書いているとついついWebサイトを閲覧したり、Twitterをしてしまったりとネット環境のせいで集中力が奪われてしまう……! といった悩みを持つ人にはぴったりの「FreeWrite」。公式サイト上で購入でき、定価は549ドル(6万円強)。

 レトロでモダンな外見と優れた機能性をあわせ持った現代版タイプライターは、仕事や趣味で“物書き”をする際の心強い味方になってくれそう。公式サイトのFAQでは対応言語として日本語も挙げられています。

高城歩

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事