新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年02月25日 19時21分 UPDATE

孤立した被災地からドローンが「伝書鳩」になってメッセージを伝える KDDI研究所が実施

昔の知恵が再び、新しい形でよみがえろうとしています。

[太田智美,ねとらぼ]

 2016年2月25日、「ドローン(=無人航空機)が伝書鳩になって、孤立した被災地から安否確認のメールを届ける」という実証実験が行われた。実験が行われたのは、埼玉県入間郡にある旧県立毛呂山高等学校。この実証実験は総務省の電波資源拡大のための研究開発で、「無人航空機を活用した無線中継システムと地上ネットワークとの連携および共用技術の研究開発」の一環。KDDI研究所が実施した。


KDDI ドローン 実証実験

 実は、このドローンによるeメール配送システムの取り組みは、大規模災害時に設置される臨時基地局から電波の届かない孤立した地域が存在するという問題から始まったもの。通信が復旧するまでに時間がかかってしまうため、安否確認に時間を要してしまう。そこで、小型サーバーとWi-Fi通信装置・バッテリーなどをドローンに搭載し、ドローンの物理的な移動によってテキストデータを蓄積・移動させるという作戦だ。


KDDI ドローン 実証実験

 ドローンは上空約50メートルを飛行。メッセージを運搬する赤い箱を機体に積み、孤立した被災地域へと近づく。すると、あらかじめ被災地域に設置していたメッセージ補完装置がドローンを検知。スマートフォンの専用アプリを起動しメッセージを送ると、メッセージ補完装置内に入った被災者向けWi-Fiからサーバーにテキストが送られ、無人機向け通信装置からアンテナ経由で無人機にテキストデータが転送される。


KDDI ドローン 実証実験



 転送が終わると、ドローンは電波の届く非孤立地域に移動。非孤立地域に設置してある「メッセージゲートウェイ」(無人機向け通信装置・アンテナ・サーバーを完備)に預かったテキストデータを届け、そこから専用アプリを通じて孤立地域から送られたメッセージを読むことができるという仕組みだ。もちろん非孤立地域から孤立地域へメッセージを送ることも可能。


KDDI ドローン 実証実験 無人飛行機を活用したeメール配送システム実証実験の全体像


 今回の実験では場所や飛行制限の都合上マルチコプターを使用したが、実際は固定翼機を予定しているとのこと。通信がある程度復旧するまでのドローンの1つの可能性として、2013年度から研究されていた。

太田智美

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー