ニュース
» 2016年02月25日 22時09分 UPDATE

国内でジカ熱感染患者が発生 神奈川県の10代男性

ブラジルに滞在していた男性の感染が確定。

[ねとらぼ]

 厚生労働省は2月25日、日本国内でジカウイルス感染症(ジカ熱)患者が発生したと発表しました。

ジカ熱 厚生労働省の発表

 患者は神奈川県に住む10代の男性。2月9〜20日にブラジルに滞在し、帰国後に発熱や発疹の症状を示していました。国立感染症研究所で検査した結果、25日にジカウイルス感染症の陽性が確定。現在は自宅療養中で状態は安定しているとのことです。

 日本でジカウイルス感染症患者が発生したのは4例目(全て輸入症例)。最近の中南米でのジカウイルス感染症流行(関連記事)の後では初めての発生となっています。

 ジカウイルスは、一般に蚊に刺されることによって感染する疾患。日本は現在、蚊の活動期ではないため、国内で感染が拡大するリスクは極めて低いと同省は述べています。また、流行地域に渡航する場合は蚊に刺されないように注意すること、また赤ちゃんが頭が異常に小さい状態で生まれる「小頭症」との関連が疑われるため、妊婦は流行地域への渡航を控えることも呼びかけています。

WHO 2月1日に世界保健機関(WHO)が「国際的に懸念される公衆の保健上の緊急事態」を宣言

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー