新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年02月26日 16時05分 UPDATE

芳林堂書店が破産 「コミックプラザ」など運営

書店運営については書泉に事業譲渡することで合意。

[ねとらぼ]

 芳林堂書店が2月26日に破産開始決定を受けた。東京商工リサーチが伝えている。負債額は約20億円。

ah_horin1.jpg 東京商工リサーチ

 創業は1948年。都心部や埼玉県内を中心に10店舗の書店を運営していたが、読書離れやインターネットの普及、電子書籍の台頭から業績が落ち込んでいた。1992年8月期に売上高約70億円だったのが、2014年8月期は約43億5000万円に減少していた。

 そうした中で、出版取次業者・太洋社が自主廃業に向けた準備に入ったことを発表し、芳林堂書店は取次ぎの変更を模索していたが、太洋社への未払い債務などの問題もあり難航。2月初旬から入荷が止まり、Webサイトで「問屋変更にともなうトラブルの為、各店とも雑誌、書籍とも新刊・既刊の入荷が止まっており、店舗、ホームページでのご注文がお受けできない状態になっております」と告知していた。

ah_horin2.jpg 入荷が止まっているという告知をWebサイトに掲載していた

 同社は数日前に商号を「S企画」に変更。書店運営については書泉に事業譲渡することで合意しているが、詳細な日程は未定という。

 先にも太洋社廃業の影響で「友朋堂書店」「ひょうたん書店」が店舗を閉店している(関連記事)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事