新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年02月26日 19時55分 UPDATE

絵が動きだすような躍動感! けん玉をテーマにした作品「DAMAISM」が“マンガ界に超新星あらわる!”と話題に

松本大洋さんに匹敵する画力との指摘も。

[モリソウイチロウ,ねとらぼ]

 集英社の漫画投稿サイト「少年ジャンプルーキー」に掲載された「DAMAISM」という作品が、編集部から高く評価され、ネットでも“ルーキー”とは思えない画力とストーリーだと話題になっています。

少年ジャンプルーキー「DAMAISM」 「DAMAISM」作品紹介ページ(「少年ジャンプルーキー」より)

 周りが最新のゲーム機器に熱中する中、“けん玉”で遊ぶ少年「ショコボ」。クラスメイトとなじめない彼の遊び相手は近所の駄菓子屋の「大原のじいちゃん」だけでしたが、ある日、大原のじいちゃんは病気で亡くなり、その孫が駄菓子屋を引き継ぐことになります。その孫から、じいちゃんの形見のけん玉を譲り受けたショコボは求められるまま、けん玉のトリック(技)を披露することに……。

「DAMAISM」けん玉超絶プレイ 大原のじいちゃんの形見のけん玉で超絶プレイを連発するショコボ(「少年ジャンプルーキー」より)

 一見さえない少年が、ひとたび、けん玉を握ると超絶プレイの嵐。ここで入る解説ナレーションもカッコよくてグイグイとけん玉の世界に引き込まれていきます。

流れを生む球・糸・けん 止めを生む球穴・けん先・三種の皿 皿胴・皿縁・鍔・けん尻 そこから生み出される連続技の可能性。動体視力 バランス 一ミリの誤差も許されない正確さと精密さ それに伴う集中力はもはや遊戯の域を超えている

 まるで絵が動き出すかのような躍動感、さらにはスピード感、技のキレ味などを巧みに表現する作者「坂上くん」の画力について、Twitterでは「新人???嘘でしょ???最高にクールで素敵で好き!!!」「こんなんルーキー(新人)に分類していいのか」「けん玉か...って思って読んだけど 続きが気になって仕方ない」「ついうっかりけん玉欲しくなるレベル」「うまくいけばけん玉ブームがくる」など称賛の声多数。鈴木みそさんなどプロのマンガ家からも高い評価を得ています。

 この他にも、「鉄コン筋クリート」などの作品で知られる松本大洋さんに匹敵する画力との指摘や、「ジャンプ本誌で連載すると能力バトルものになってしまうから、それは避けたい」といった意見も。

 「DAMAISM」は、今後も連載されるもよう。最後のシーンで現れる、けん玉を首にかけた謎の外国人集団が今後どう絡んでくるのかも気になります。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事