新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年02月27日 21時35分 UPDATE

想い出が走馬灯 音ゲーの原点「パラッパラッパー」17年前の貴重な再現ライブ映像が公開される

タマネギ先生の雄叫びがライブで!

[モリソウイチロウ,ねとらぼ]

 「パラッパラッパー」などを手掛けたミュージシャンの松浦雅也さんが、1999年8月にニューヨークで行われたライブ映像をvimeoで公開しました。このリズム、懐かしいいいいい!

パラッパラッパー キックやパンチを撃ちながらリアルパラッパがタマネギ先生と掛け合いラップ

 「パラッパラッパー」は、1996年にソニー・コンピュータエンタテインメントが発売したプレイステーション向けゲームソフト。リズムに合わせてボタンをたたく“元祖・音ゲー”的存在で、軽快なジャパニーズイングリッシュとペラッペラなキャラクターが織りなす独特の世界観の中で、無駄にアドリブを入れまくるラッパーゲーマーを量産した記憶に残るゲームです。松浦さんは主にその音楽を担当していました。


 公開されたライブ映像は、パラッパラッパーと世界観を共有する「ウンジャマ・ラミー」発売イベントの様子。今聞いてもスタイリッシュな大人の音楽を感じさせるゲーム主題歌で会場が盛り上がっていく中、松浦さんが登場し、「Are you ready to have fun?(楽しむ準備はできてるか?)」と客席をあおりながらキーボードを引き始めます。

松浦雅也さん 「パラッパラッパー」生みの親の1人松浦さんの生パラッパ

 タマネギ先生の「はい〜やッ、あたたたたたチャーッ!」という雄叫び(生)が聞こえ、ラップスタート! 軽快なリズムで「Kick! Punch! It’s all in the mand」と畳みかけるようなラップがこだまします。

パラッパラッパーをプロのラッパーが そのままんまパラッパがラップを!

 ゲームの主人公パラッパの格好をしたラッパーのお兄さんが「キッパンブロ(Kick Punch Block)」「チョキッブロ(Chop Kick Block)」「ブロッタンキキ(BlockTurn& Kick it)」と動作を交えつつラップ。うわあぁ懐かしいぃ〜思わず指が○×△□ボタンを打ってしまう!

パラッパラッパーで礼 ドラの音で一礼! そういえばタマネギ先生は空手マスターだった

 ライブ映像はこの後、ウンジャマ・ラミーのデモンストレーションなどもはさみつつ大盛り上がりで進行、1時間ほど盛り上がり続けます。懐かしさで胸をいっぱいにしたい人も、初めてこのゲームを知る人もぜひ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ねこ漫画「チーズスイートホーム」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー