新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年02月28日 09時57分 UPDATE

藤原竜也「漫画原作は大変」と苦労明かす 映画「僕だけがいない街」舞台挨拶

藤原さんが語った、漫画原作ならではの苦労とは?

[Kikka,ねとらぼ]

 映画「僕だけがいない街」(3月19日公開)の試写会が2月27日大阪で行われ、主演の藤原竜也さん、ヒロイン役の有村架純さん、監督の平川雄一朗さんが舞台挨拶を行いました。


藤原竜也、有村架純、平川雄一朗 大阪のお客さんに大歓声で迎えられ、笑顔を見せる3人


 藤原さんと有村さん、平川監督が登場すると、応募総数8000人を超える中から試写会のプラチナチケットを引き当てた400人のお客さんの大歓声が劇場内に響きわたりました。


藤原竜也 黄色い歓声を受ける藤原さん

有村架純 有村さんは「こんばんは〜」と関西のイントネーションで挨拶。会場は大いに盛り上がりました!

 特に伊丹市出身の有村さんは、地元関西での舞台挨拶ということで「梅田とかHEP FIVE(大阪のランドマーク)の観覧車を見ると帰ってきたな、って感じがします」と笑顔を見せていました。


藤原竜也 有村さんの印象を語る藤原さん

有村架純 藤原さんと監督を地元のたこ焼き屋さんに連れて行きたいと語る有村さん

 藤原さんと有村さんは本作が初共演とのこと。お互いの印象について聞かれると、藤原さんは「架純ちゃんは(有村さん演じる)愛梨同様、そばにいてくれると僕を気持ち的にも引っ張ってくれて。若いのにホントに立派な、大人な女優さんだなぁという印象を受けました」と、有村さんの雰囲気に助けられたとコメント。一方有村さんは「竜也さんはとてもストイックな方なので、寡黙で近づきがたい方なのかなと思っていたら、とってもスマートで紳士的で。一緒にいてすごく楽しかったです」と藤原さんとの相性の良さを語ってくれました。


平川雄一朗 ドラマ JIN−仁ーなどの演出で知られる平川監督

 また藤原さんと言えば、これまでにも「デスノート」や「カイジ」など多数の漫画原作の作品に出演していますが、「漫画原作の場合にある“飛躍”や“行間”といったものを、僕らがいざ現場に入って表現しようとすると、漫画では何の違和感もなく読めていたのに腑に落ちないこともあって。そこを架純ちゃんや監督と一緒に埋めていく作業が、非常に今回は大変でした」と漫画原作作品ならではの苦労があったことも告白。有村さんも「愛梨の気持ちの流れを作るのが難しかったです」とシリアスな原作を再現するための苦労を明かしました。


フォトセッション 大阪ならではの暖かい雰囲気で包まれた舞台挨拶

フォトセッション 惜しまれつつも約20分の舞台挨拶は終了

 原作「僕だけがいない街」は、ヤングエース連載・三部けい原作によるクライム・サスペンス漫画。藤原竜也さん演じる主人公・藤沼悟は、自身に降りかかる“悪いこと”の原因が取り除かれるまで、何度も時間が巻き戻ってしまう「リバイバル」という特殊な能力の持ち主。次々と降りかかる「リバイバル」の原因を突き止めていくうちに、やがて悟は、18年前に起きた小学生連続誘拐殺人事件へとたどり着き――というストーリーです。

 原作は「マンガ大賞」「このマンガがすごい!」で2年連続ランクインを果たし、連載当初から映画化のオファーが殺到。オファー数50以上という映像化権争奪戦を経て今回の完成に至ったとのこと。


サインも 試写会終了後にはそれぞれのサインが入ったポスターが展示されていました

(Kikka)


関連キーワード

漫画 | 原作 | 舞台挨拶 | 映画 | 試写会


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ねこ漫画「チーズスイートホーム」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー