新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年03月01日 14時23分 UPDATE

「KADOKAWAと契約したのに本が出ない」 KADOKAWAの「カクヨム」開設初日に核爆弾級の小説が投稿される

ジャンルは「ホラー」。

[コンタケ,ねとらぼ]

 2月28日にオープンした「KADOKAWA」と「はてな」による投稿小説サイト「カクヨム」に、初日から小説家のろくごまるにさんがとんでもない小説を投稿し話題になっています。小説のタイトルは、「カドカワ 富士見と独占契約したけど本が出ないハートフル物語《ストーリー》」。KADOKAWA自身のサービスで初日からこのタイトル、もう見る前から“ヤバい”のが丸分かりです。


カクヨム 「カクヨム」公式サイト


ハートフル 「カドカワ 富士見と独占契約したけど本が出ないハートフル物語《ストーリー》」(画像は「カクヨム」より)



 ろくごまるにさん自身が同小説を「本当にあった怖い話」と発言しており、登録されているジャンルは「ホラー」。実話ほど怖い話はないとは、よく言ったものです。

 その内容は、「株式会社KADOKAWA 富士見ブランドカンパニーと『食前絶後!!』『封仙娘娘追宝録シリーズ全巻』の電子出版契約を2015年1月1日に交わしてから一切音沙汰がない」というもの(※富士見ブランドカンパニーは2015年中頃に廃止され現在は富士見書房のブランドのみが残っています)。契約書が取り交わされてからその後何もないのは“チョイとあまりにあんまり”ではないか、と訴えています。

 「……という本当にあった怖い話があるのですよ、カクヨムに集う作家を目指す若人の皆さん」とカクヨムユーザーに呼びかけ、この件で「もう明日の遊ぶ金がない困窮状態に追い込まれ」たとのこと。最後には、「下手な発言してこじれたら嫌だなと思ってたけど、一年以上待っても音沙汰もないし、こじれようもないやと思って書いちゃった」と明かしています。オープン初日から、とんでもない破壊力だ。

 この強烈な内容に、ネット上では「カドカワのプラットフォームでカドカワの話が暴露されるのプラットフォームのオープン性がつまびらかになってよい」「ハートフルじゃないよ、全然!」「今日スタートした角川肝いりの投稿サイトカクヨムでいきなり内部事情ばらしの投稿がホラージャンルで掲載されてて、良い時代になったものだなと」「これが読めただけでもカクヨムオープンしてよかった」「カクヨムにいきなりキラーコンテンツが投入された」といった声が寄せられていました。











 また、ろくごまるにさんはこの件について、もしも削除された場合は企業名を伏せ字にして別のところで公開する予定とのことです。



 さらに、富士見から携帯電話に着信があったそうですが、「ツイッターで公開でやりません?」「KADOKAWA弁護士軍団とやり合える自信はない」とTwitterで報告。これらの件を、「カクヨム」に第2話として公開しました。






第2話 第2話公開。超短い


ろくごまるに ろくごまるにさんのTwitter

 なお、この件について富士見文庫に問い合わせてみましたが、担当者不在とのことでした。編集部自体で同件について把握しているかについても、担当者がいないと答えられないとのことです。

関連キーワード

小説・詩 | 投稿 | Twitter | 企業 | 電子書籍 | 出版


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

  1. 踏切で一時停止した車にトラック運転手が激高、鈍器でドアガラスを殴る動画が拡散中 会社側は非を認めて謝罪
  2. 新垣結衣のNGシーンが人類を至福で包む 「逃げ恥」ダイジェスト&恋ダンスロングVer.が公開
  3. ちょっと男子ー キリン「SPECIAL STUDENT」の小学生あるあるが全部あんたたちのことじゃない
  4. 「いつ乗車禁止になるの? 私は2年半戦ってる」―― バスの通路をふさぐ“迷惑おばさん”動画が話題に バス会社の対応は
  5. 画像盗用で謝罪した「君の名は。」風写真加工アプリ「Everfilter」 新海誠監督の所属事務所は「許可を与えていない」
  6. 完成度高けーなオイ! 実写版「銀魂」のビジュアルが解禁、銀髪の小栗旬に地味メガネな菅田将暉、チャイナ服の橋本環奈も
  7. 指があぁぁぁ! 実写版映画「銀魂」、小栗旬演じる銀さんのビジュアルにファン「オイィィィ!」
  8. 「ウチの猫の変な習性に気がついた」 手をニギニギすると頭をスポッとはめてくる猫ちゃんが圧倒的にかわいい
  9. 「君の名は。」を酷評した漫画家・江川達也が炎上 同業の奥浩哉が「この人、なんのプロなんだろう…」と批判
  10. mixiの「黒歴史日記を掘り返すキャンペーン」に過去のユーザー絶叫 「消してえええ!」「パスワード忘れた!」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー