新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年03月01日 18時00分 UPDATE

ドワンゴが世界最強の囲碁ソフトを開発するDeepZenGoプロジェクト始動 Google「AlphaGo」の打倒を目指す

世界に対抗できる日本発の囲碁AI開発を目指します。

[たろちん,ねとらぼ]

 ドワンゴが世界最強のコンピュータ囲碁ソフトを開発する「DeepZenGo(ディープゼンゴ)プロジェクト」を発足したことを発表しました。日本最強の囲碁ソフト「Zen」の開発者、尾島陽児さん・加藤英樹さんを中心に、世界に対抗できる日本発の囲碁AI開発を目指します。

DeepZenGoプロジェクト DeepZenGoプロジェクト

 これまでコンピュータ囲碁の世界は最強のものでもアマチュア有段者クラスの実力でしたが、先日Googleが開発した囲碁プログラム「AlphaGo」がプロ棋士を破る快挙を達成(関連記事)。3月には韓国のトップ棋士・李世ドル九段との対局も実施予定で、人間に迫る実力を身につけたプログラムの突然の登場がファンや関係者に衝撃を与えていました。

 将棋電王戦を主催するドワンゴの川上量生会長は、「囲碁電王戦のシナリオが変わってしまった」とコメント。同プロジェクトでは日本最強の「Zen」をベースに、最強将棋ソフト「Ponanza」の開発者・山本一成さん、人工知能研究の専門家である東京大学の松尾豊准教授らを加えた開発チームを結成し、日本棋院の協力のもと「AlphaGo」に対抗できる囲碁ソフトの開発を進めるとしています。

DeepZenGoプロジェクト 強力な開発チームをドワンゴと日本棋院がサポート

DeepZenGoプロジェクト ニコニコ生放送で放送された記者発表会の様子

 現状の「Zen」と「AlphaGo」の実力差はレーティングにして500程度あり、勝率は3〜4%とのこと。ただし、囲碁プログラムとして「Zen」の方が優れている部分もあり、半年〜1年をかけて強化していくとしています。

 将来的に「AlphaGo」の打倒を目指すほか、日本棋院はプロ棋士と対局する場を設けるなどのサポートを行うとのこと。また、トップ棋士の井山裕太六冠との対戦についても、「井山さんが『よし、やってみよう』ということになれば日本棋院としては止める話ではない」と、日本最強の棋士対囲碁ソフトの対局が実現する可能性についても触れていました。

たろちん

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー