ニュース
» 2016年03月02日 19時00分 UPDATE

一度聞いたら依存症? 美しいハーモニーで下ネタ歌う「ブリトラ」が16年ぶりメジャー復帰

知る人ぞ知るフォークデュオ「ブリトラ」が、16年ぶりに再メジャーデビュー。

[圓通(えんつう),ねとらぼ]

 1990年代に一部で熱狂的な人気を博した「ブリトラ」こと「ブリーフ&トランクス」が、16年ぶりに再メジャーデビューを果たしました。ブリトラは伊藤多賀之さんと細根誠さんによるフォークデュオ。「半径5メートル以内の日常生活」をテーマに、下ネタ要素の多い歌詞をコミカルなフレーズと美しいハーモニーで歌いあげます。

ah_buritora-ss.jpg ブリーフ&トランクス

 ブリトラの誕生は1995年。高校の同級生だった2人が、サイモン&ガーファンクルに憧れて結成しました。1998年に「さなだ虫」でメジャーデビュー後、「青のり」「コンビニ」「石焼きイモ」「ペチャパイ」といった個性的な曲をリリース。しかし2000年末、伊藤さんの難病を理由に解散を余儀なくされました。

 解散後、伊藤さんはインディーズでソロ活動を続け、細根さんは都内に花屋を開店。2人は別々の道を歩んでいましたが、伊藤さんのライブに細根さんがゲスト出演したことを機に、2012年に再結成。そして2016年、実に16年ぶりの再メジャーデビューを果たしました。

 本日3月2日に再メジャーデビューアルバム「ブリトラ依存症」を発売。1曲目の「さなだ虫 〜リターンズ〜」を筆頭に、「ケータイ依存症」「パチンコ」「剃毛」と、際どい曲目が並びます。

ah_buritora-ss1.jpg ブリーフ&トランクス「ブリトラ依存症」CM

 アルバムのラストを飾る「まんげつ」は、フジテレビ系「アウト×デラックス」(2月25日放送)出演時にテレビで初披露された曲で、放送コードぎりぎりの歌詞が話題になりました。

 坂崎幸之助さん(THE ALFEE)など、音楽業界にもファンを持つブリトラ。中毒性の高い音楽は、一度聞いたら依存症になるかも?

圓通(えんつう)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コミック アース・スター×ねとらぼ:都道府県擬人化バトル「四十七大戦」出張連載

  1. 「板長が暇つぶしに切った大根」が暇つぶしってレベルじゃねーぞ! 江戸時代から伝わる技法があまりにもアート
  2. 「はちま起稿」買収問題、DMM社員はどう見たか 「正直、気分は良くない」「色々な意味で倫理にもとる行為」
  3. 「はちま起稿」買収騒動から4週間、沈黙続くDMM・インサイトの現状は―― まとめサイトの「運営隠し」は何が問題なのか
  4. 男子学生の恋愛ドラマかと思いきや……急展開すぎるだろ!! 米国NPO団体が実際に起こっている悲劇を動画化
  5. うちの母のお弁当、そんなに面白いですか? 編集部員のお昼を公開【母弁写真32枚】
  6. 本当にプレイできるゲーム筐体型家具まで開発 新ジャンル「ゲーミング家具」を掲げる家具屋さんの本気を聞いた
  7. ニンゴジラ「ひや、マイニンテンドーストア混んでますわ〜」 アクセス集中で登場する謎の怪獣、任天堂にデザイン意図聞いた
  8. 異議あり(物理)! モンハン×逆裁コラボで「マスコットキャラで敵をぶん殴る成歩堂」などクレイジー場面続出
  9. 湖西線・志賀駅のホームが超積雪 電車ドアが開くと雪の断面ドーンな動画が話題
  10. 「ゲームに飽きたんじゃない、成長しないことに飽きたんです」 プロゲーマー・梅原大吾が語る“ゲームに飽きる理由”に共感集まる

やまもとありさ×ねとらぼ: SNSマンガ家群像劇「アオイトリデ」


» 続きを読む
» 過去のまんが一覧

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー