新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年03月02日 20時10分 UPDATE

どこでもおっぱいー! 好きなだけDカップをもめる夢の箱が開発される

風をつかみ、おっぱいをもむのだ。

[コンタケ,ねとらぼ]

 いつでも自由にDカップおっぱいをもめる夢の箱、「D=60」が開発されました。ニコニコ動画にその全容が公開されているのですが、クールなジャパンがさく裂しています。



 まず「D=60」という名前についてですが、これは風速60キロの風圧がDカップに相当するというあまりにも有名な俗説から来ています。そして「D=60」は、その名の通り風速60キロの風を手に送ることでDカップをもむ感覚を与える仕組み。


D=60 誰もが知る有名な公式

 ちなみに、車を走らせているときに窓から手を出すことでも風速60キロがもめるといいますが、これは道路交通法違反になるとのこと。風すら自由にもめないこんな世知辛い世の中に舞い降りた奇跡の箱が、「D=60」なのです。


夢の箱 まさに夢の箱です

 「D=60」作成に必要な材料は、以下の5つ。

  • Leap Motion(手のジェスチャーによってコンピュータの操作ができるデバイス)
  • E-Value ハンディブロワー EBL-500V(風でゴミを吹き飛ばす機器)
  • Arduino(制御機器)
  • ソリッド・ステート・リレー(SSR)キット 8Aタイプ(制御機器)
  • ダンボール箱

Leap Motion Leap Motion


ブロワー ブロワー

Arduino どこのご家庭にもあるマイコンボード「Arduino」


SSR ソリッド・ステート・リレー(SSR)キット

 これらを組み合わせてできたのが、段ボール箱の中に手を突っ込み、Leap Motionで箱のなかの手の動きを観測し、その結果に応じてブロワーからの風を調整してDカップをもんでいる感覚を実現する「D=60」一式となります。なんという無駄なハイテク。ハイテクなのに、箱は段ボール箱。


仕組み こういうことです

 ダンボール箱からブロワーのごう音が鳴り響き、中ではハイテクな仕組みによって風がDカップの圧力を再現する様はシュールの一言。どうあがいても先に笑いが来ます。なお、Live2Dを利用したAndroidアプリとの組み合わせによる、ARも実現していたそうです。


AR 夢が広がる

 また、この「D=60」は、Yahoo!によるソフトウェアイベント「Hack Day 2016」に出展したそうです。出店時の様子が、YouTubeに公開されています。



 Dカップがもみたくて毎晩むせび泣いている皆さんは、作り方を参考に「D=60」を作成してみてはいかがでしょうか。風を、つかむのだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

icon
編集部からのお知らせ:

ご応募お待ちしております。

icon

IMALUという名は「生きてるだけで丸もうけ」というさんまさんの座右の銘から。

icon

“バリュータイプ”の新ディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル」を一足先にチェックしてきました。

icon

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事