新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年03月03日 17時02分 UPDATE

2000個のパチンコ玉で曲を演奏 スウェーデン人が作り上げた機械仕掛けの楽器がすごすぎる

木のパーツ3000個でできています。

[大場巧揮,ねとらぼ]

 2000個のパチンコ玉と3000個の木のパーツで動く機械仕掛けの楽器「Marble Machine」の動画がYouTubeに投稿され、公開2日で100万回以上再生されるなど話題になっています。



 フライホイールを回転させて機械を動かし、ビブラホンやシンバルなどにパチンコ玉を落下させて音を奏でる仕組みになっています。3000ものパーツが複雑に連動して動く姿は感動もの。


Marble Machine Marble Machine演奏の様子


パチンコ玉を使用した楽器 キック、スネアなども

 制作したのはスウェーデンのミュージシャン、マーチン・モリンさん。2014年の秋から1年以上かけて制作しました。YouTube上にはメイキング動画も投稿されており、ひとつひとつのパーツを精密に作り上げている様子がみられます。


スウェーデンのモリンさんが製作 パチンコ玉が内部を移動

 このようなパチンコ玉を利用した機械仕掛けの楽器はこれまでさまざまな人によってつくられてきており、YouTubeにも動画が投稿されています。英Wiredによれば、モリンさんはそういった作品から影響を受けてこの楽器を制作したそうです。


機械仕掛けの楽器Marble Machine 落下したパチンコ玉が当たって音が鳴る

 YouTubeページには他にも構造の解説や部品の製作動画も投稿されています。本編では分からなかった細かなつくりや仕掛けがおもしろいので、チェックしてみては?

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事