新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年03月05日 08時00分 UPDATE

どういう謎技術だよ! 101キャラで「マリオカート」をやってみた動画が大乱闘すぎる

ネタを挟まないと死んじゃう病(海外編)。

[沖田行村,ねとらぼ]

 YouTubeで「Super Mario Kart...with 101 players!(101人でスーパーマリオカート)」という動画が注目を集めています。2月16日に投稿された動画で、再生数は150万回に迫る勢い。



 内容は文字どおり、101体のキャラクターたちがスーパーファミコン版「マリオカート」でデッドヒートを繰り広げるという非常にカオスなもの。

 注目すべきは「大乱闘スマッシュブラザーズ」を彷彿(ほうふつ)とさせる圧倒的な物量とごった煮感! ソニック、ネス、ピカチュウといったおなじみの面々に加え、ドラゴンボールの孫悟空やパラッパラッパー、果てはテトリスの棒(!?)まで、内外問わずさまざまなキャラクターが出演。プレイヤーのキノピオを中心に、小ネタを挟みつつ熾烈(しれつ)なレースを演じるという、任天堂ファンならずともニヤリとしてしまう約3分間のムービーとなっています。


画像 スタート画面。もはやイヤな予感しかしない

画像 このシルエットはダンボールのあの人?

画像 ええと……最近スマブラに参加された格闘家の方ですよね?

画像 途中からファルコンのマシンを強奪して爆走

 ちなみにコメント欄でも質問されていますが、この動画、ゲームを改造して作ったものではなく、独自のアニメーション製作によるものだそうです(投稿者のコメントより)。一体どういう技術なんだ……。

 謎の技術もさることながら、登場するキャラクターの幅の広さに驚かされました。


沖田行村


関連キーワード

マリオ | 動画 | マリオカート | ネタ | ゲーム | 任天堂


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事