新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年03月04日 21時40分 UPDATE

トヨタが「木」でできた車「SETSUNA」をミラノに出展 歳月を経ての変化を愛でるコンセプトカー

人とクルマの新たなつながりを具現化。

[ねとらぼ]

 トヨタは4月12日から17日までイタリア・ミラノで開催されるミラノデザインウィーク2016に、「木」で作ったコンセプトカー「SETSUNA」を出展します。

画像 SETSUNA

 環境や使われ方によって唯一無二の味わいや深みが生まれる「木」を素材にすることで、これまでの車にはない新しい価値観を持たせるというコンセプト。外板には杉、フレームには樺など用途に応じた木材を選定。組み付け構造には釘やネジを使用しない日本古来の伝統技法「送り蟻」が取り入れられています。

 「SETSUNA」は「人とクルマの新たなつながり」を具現化したコンセプトカー。車と家族が一緒に過ごした時間を積み重ね、歳月を経て変化していくことを愛でるといった新たな価値を提案するもので、名前には「刹那」という短い時間の繰り返しがかけがえのないものになっていく、という想いが込められています。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ねこ漫画「チーズスイートホーム」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー