ニュース
» 2016年03月05日 13時00分 UPDATE

自動でゴミを収集するロボット、ボルボと大学が開発 ドローンが進路を案内

ゴミ収集にも自動化の波。

[大場巧揮,ねとらぼ]

 自動車メーカーのボルボが自動ゴミ回収ロボットのデモ動画を公開しました。3つの大学と共同で「ROARプロジェクト」として開発しています。




ボルボが大学と開発した自動ゴミ回収ロボット 自動ゴミ収集ロボット


ボルボが大学と開発した自動ゴミ回収ロボット 自動走行

 ゴミ収集車の後ろに自動ゴミ収集ロボット「ROARY」を搭載。まずドローンが飛び、目的のゴミ箱の位置を確認し、ルートを案内します。「ROARY」はセンサーで障害物を検知し、障害物を避けながらゴミを収集します。子どもや犬などが近づいてきた場合に備えて、緊急停止機能も備えているのはさすがボルボといったところでしょうか。ボルボのプロジェクトマネージャー、Per-Lage Götvallさんも「ボルボグループにとって安全性はすべての基本である」と述べています。


ボルボが大学と開発した自動ゴミ回収ロボット ドローンが案内


ボルボが大学と開発した自動ゴミ回収ロボット アームが伸びてゴミ箱を回収

 「ROARY」は自動でゴミ箱を回収し、ゴミ収集車に戻ります。安全を考慮し、収集車にも人が近づくとゴミ処理を中止するシステムを採用しています。「ROARY」には赤外線システム「LiDAR」、GPSやカメラなども搭載されています。


ボルボが大学と開発した自動ゴミ回収ロボット 自動で回収


ボルボが大学と開発した自動ゴミ回収ロボット 赤い線をこえると自動ストップ

 「ROARプロジェクト」は地域のゴミを自動で収集できるロボットを開発することを目的としています。自動運転技術が発展する中、ゴミの収集まで自動化されるとなれば、ゴミ収集係の負担がさらに減ること間違いなしです。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コミック アース・スター×ねとらぼ:都道府県擬人化バトル「四十七大戦」出張連載

  1. 「板長が暇つぶしに切った大根」が暇つぶしってレベルじゃねーぞ! 江戸時代から伝わる技法があまりにもアート
  2. 「はちま起稿」買収問題、DMM社員はどう見たか 「正直、気分は良くない」「色々な意味で倫理にもとる行為」
  3. 本当にプレイできるゲーム筐体型家具まで開発 新ジャンル「ゲーミング家具」を掲げる家具屋さんの本気を聞いた
  4. 「はちま起稿」買収騒動から4週間、沈黙続くDMM・インサイトの現状は―― まとめサイトの「運営隠し」は何が問題なのか
  5. 男子学生の恋愛ドラマかと思いきや……急展開すぎるだろ!! 米国NPO団体が実際に起こっている悲劇を動画化
  6. ニンゴジラ「ひや、マイニンテンドーストア混んでますわ〜」 アクセス集中で登場する謎の怪獣、任天堂にデザイン意図聞いた
  7. 異議あり(物理)! モンハン×逆裁コラボで「マスコットキャラで敵をぶん殴る成歩堂」などクレイジー場面続出
  8. うちの母のお弁当、そんなに面白いですか? 編集部員のお昼を公開【母弁写真32枚】
  9. 「リゼロ」レムの誕生日ケーキが発売 双子の姉・ラムファンから悲しみの声があがる
  10. 「ゲームに飽きたんじゃない、成長しないことに飽きたんです」 プロゲーマー・梅原大吾が語る“ゲームに飽きる理由”に共感集まる

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー