ニュース
» 2016年03月06日 13時39分 UPDATE

ある旅館の口コミ「犬が館内にいて嫌だった。ゆっくり寝れなかった」に対して「保健所で処分してもらう事にした」と回答で物議 その真相は?

「まさか真に受ける人がいるとは……」と謝罪。

[ねとらぼ]

 和歌山県のとある旅館の口コミ投稿に対する回答が物議をかもしている。

 同旅館に宿泊した利用者による「犬が館内にいたのが嫌でした。又朝早くに外から犬が吠えて、ゆっくり寝れなかった。のんびりしたくて、来たのに非常に残念でした」とする投稿に対し、旅館側が長年飼っていて冷たい仕打ちもしにくいが「迷惑を感じる方がいる以上もう仕方がありませんので保健所に連れて行って処分してもらう事にしようかと思います」と回答。最近になってそのやりとりがネットで拡散され、双方に対して賛否両論巻き起こった。なお、口コミは旅行情報サイト「じゃらん」に投稿されたもので、同旅館に2015年秋に宿泊した際の感想だった。

口コミで物議 回答は一時削除されていたが、新たに謝罪文とともに再掲載された

謝罪文 口コミに対する回答とそれについての謝罪(同様の文章は旅館の公式サイトにも掲載された)

 犬の名前は「マロ」。投稿当時は15歳の老犬で、宿泊客からもかわいいと評判だった。口コミへの回答では「犬を毛嫌いされる方もあるとは知りながら飼って」いたが、「犬も歳をとりますと目も見えなくなる、呆けて言うことがわからなくなる」と説明。マロをかわいがってくれたファンに対して「このような状況となりましたのでどうも長い間ありがとうございました」と伝えていた。

旅館の犬 看板犬だったマロ

 まさか本当に保健所で処分されてしまったのか? 心配になったマロのファンもいたようで旅館にも何件も問い合わせがあったとのこと。取材に対して「あの返信を書いたのはもう何カ月も前で今ごろ指摘され驚いています」と回答を書き込んだ旅館スタッフ。冗談のつもりだったが、まさか真に受ける人がいるとは思っていなかったと謝罪した。

 普段から口コミに回答する際はジョークを交えたり、工夫をして返答するようにしており、「当館の口コミを一覧で見ていただければその後も変わらず犬が出迎えていたと分かっていただけるのですが」と、度が過ぎたことに反省しきりだった。話を聞くと「マロ」は以前から患っていた糖尿病などもあり今年2月に死ぬまで平和に暮らしていたという。マロの子どもや孫たちが今でも旅館の敷地を元気に飛び回っているそうだ。誤解を生んだことに対しては、改めて投稿に対する回答で謝罪するとしている(6日午後になって謝罪文が掲載された)。

現在も犬は旅館にいます 子どもたちが元気にしています

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー