新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年03月08日 15時09分 UPDATE

人型ロボット「Pepper」、クラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」と連携を発表

[太田智美,ねとらぼ]

 ソフトバンクロボティクスと日本マイクロソフトは3月8日、人型ロボット「Pepper」がクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」と連携することを発表した。その第1弾として、小売業界向け次世代型店舗ソリューション「未来の商品棚(仮称)」を共同で構築する。


Pepper Azure 連携

 「未来の商品棚(仮称)」は顧客のニーズに沿った商品を提案するためのソリューション。店頭にいるPepperやWindows 10搭載の大画面デバイスSurface HubなどをMicrosoft Azureに接続し、顧客行動やPOS売上などデータを取得。その後、スマートフォンやEコマースなど他のオンラインデータと統合し、Microsoft Azure上にあるAzure IoT Suiteで解析する。解析情報を基に顧客のニーズをリアルタイムで把握し、商品の購買を促すのが狙いだ。Azure IoT Suiteには機械学習機能も備わっている。今後はMicrosoft Translatorによる多言語対応の導入や、顔・音声認識技術、Cortanaなどを組み合わせ、精度を上げていく予定。


Pepper Azure 連携


 「未来の商品棚(仮称)」は今秋販売予定(値段は未定)。2016年3月24〜30日に開催されるロボットだけで接客する携帯電話ショップ「Pepperだらけの携帯ショップ」(東京都港区)にて、実証実験が行われる。

 なお、「今回のクラウド連携は特定のアプリ起動時のみという認識でいいか。Pepper起動時常時クラウド連携することを今後予定しているか」との筆者の質問に対し、ソフトバンクロボティクス代表取締役社長の冨澤文秀氏は「現状では特定のアプリ起動時のみ。常時連携することは今後の需要次第」と答えている。

太田智美

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー