新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年03月09日 14時15分 UPDATE

シャベルとスコップの呼び方が東日本と西日本で逆だと話題に 「小さい方がシャベル」「え、スコップだろ?」

えええええ、そうなの!?

[たろちん,ねとらぼ]

 土や雪などを掘るための道具「シャベル」と「スコップ」。形や大きさなどが両者の違いになっていますが、実は東日本と西日本で呼び方が真逆になっているとネット上で話題になっています。

 東日本では大型のものを「スコップ」、片手で扱える小型のものを「シャベル」と呼ぶ人が多いそう。ところが西日本では大きなものが「シャベル」で、小さな方が「スコップ」と呼ばれています。えええええ、そうだったの!?

シャベルとスコップ 東日本「スコップだ」西日本「シャベルだ」

 果たしてどちらが正しいのでしょうか? 1954年に制定されたJIS規格では足をかける部分があるものを「ショベル(シャベル)」、ないものを「スコップ」としており、厳密には大きさで区別しているわけではないようです。また、地域によっては土などを掘る先のとがったものをシャベル、雪かきなどに使う先の平たいものをスコップと呼ぶこともあるもよう。

シャベルとスコップ 土工農具の浅香工業では大きさではなくJIS規格に沿って商品を掲載しています(浅香工業公式サイトより)

シャベルとスコップ ドラクエに登場する敵キャラ「キラースコップ」はJIS規格的には「キラーショベル」?(Google画像検索結果より)

 地域によって常識が異なる意外な例としてネット上でもたびたび話題になっている「シャベル」と「スコップ」。そもそも「シャベル」は英語で、「スコップ」はオランダ語でどちらも同じものを指す言葉。日本ではいつの間にか大きさの違いをあらわす言葉として使い分けられるようになり、地方によってその意味も変わってしまったようです。

シャベルとスコップ ちなみにこの小さなシャベルは正確には「園芸用こて」「移植ごて」などと呼びます(英語では「trowel」)

たろちん

関連キーワード

日本 | 東日本 | 西日本 | JIS | 常識


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー