新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年03月10日 10時00分 UPDATE

伝説の漫画「MMR マガジンミステリー調査班」はこうして作られていた タナカ・イケダ・トマル隊員が語る「MMR」制作の裏側(前編) (1/3)

最新刊「新生MMR 迫りくる人類滅亡3大危機(トリプルクライシス)!!」発売を記念して、当時のMMR隊員たちに連載開始時から最新刊発売までの裏側を語ってもらいました。

[多根清史(インタビュー)・池谷勇人(構成),ねとらぼ]

 かつて週刊少年マガジンで連載され、日本中の子どもたちを騒がせた漫画「MMR マガジンミステリー調査班」(石垣ゆうき)。その最新刊となる「新生MMR 迫りくる人類滅亡3大危機(トリプルクライシス)!!」が来る3月17日に発売されます。

 今でこそ「な、なんだってー!」のアスキーアートをはじめ、すっかりネタ化されている「MMR」ですが、連載当時は編集部の電話が鳴りっぱなしになるほどの反響があり、本気で怖がる子どもたちが後を絶たなかったそう。伝説の漫画はどのように生まれ、どのように作られていたのか。数々のトンデモエピソードや学説はどこまで本当だったのか、当時の担当編集であり、「MMR隊員」として実名で作品にも登場していた、タナカ・イケダ・トマル隊員に、連載当時の裏側を語っていただきました。


MMRタナカ・イケダ・トマル隊員インタビュー 左から順に、タナカ隊員、イケダ隊員、トマル隊員。キバヤシ、ナワヤの2人はすでに講談社を離れており、今回は残念ながら同席ならず


伝説の漫画「MMR」とは?

 「MMR」は1990年から1999年にかけ連載された、一種の“フェイク・ルポルタージュ”漫画。UFOや超能力、ノストラダムスの大予言といった超常現象に、キバヤシをリーダーとする週刊少年マガジン編集者たちが挑むという内容で、ネット上では「な、なんだってー!」や「話は聞かせてもらった! 人類は絶滅する!」などのアスキーアートでおなじみの作品でもあります。タイトルの「MMR」は「マガジン・ミステリー・ルポルタージュ」の略。

 1999年に人類が滅亡しなかったためMMRはその後いったん活動を休止しますが、2012年には講談社の読者参加型サイト「プロジェクト・アマテラス」上で「MMR復活編」としてふたたび集結(2014年に「新世紀黙示録MMR Resurrection」として単行本化)。その後プロジェクト・アマテラスの終了にともない、今度はメールマガジン(発行:まぐまぐ)へと連載の場を移し、さらなる新エピソードを書き溜めていました。今回発売される「新生MMR 迫りくる人類滅亡3大危機(トリプルクライシス)!!」はその「メールマガジン版」を単行本にまとめたものになります。

※「新世紀黙示録MMR Resurrection」は現在、新刊発売を記念して「マンガボックス」で無料公開中です(3月17日まで)




編集部が話を作り、石垣先生が説得力を加えた「MMR」

―― 「MMR」の初期メンバー、ここに再集結! ですね。

タナカ 私は途中で海外のミステリー調査のため抜けてしまったんですよ。そのあと、実際にはイケダがチーフになって、最後までやったんだっけ。

イケダ 一応、1999年に連載が終わるまではそうでしたね。

―― 「MMR」のメルマガにもありましたが、トマルさんは最初は推理小説という意味でのミステリー担当を希望していたのに、違う意味でのミステリーが仕事になって驚かれたそうですね。

トマル 多少脚色はしてますが、新入社員のときにやっぱりキバヤシさんの下に配属されたことが大きいですよね。先にイケダさんが加入していて、その次に僕が入って。その意味では「MMR」と「金田一少年の事件簿」は、まったく同時期に担当になりました。

―― それ以前から「MMR」を読まれてました?

トマル 僕は会社に入る前から、「MMR」を見ていて笑っていたクチなんですよ。そしたらまさか、自分がこんな目に! というところから始まっていて。それからキバヤシさんが実力を認めた、タナカさんがチーフという形になったんです。僕はどちらかと言うと、石垣さんのお尻を叩いてスケジュールを守って描いていただく仕事でしたね。

タナカ で、復活編の「Resurrection」(※)はトマルが担当しています。ただ、キバヤシは漫画のリーダーでもあるし、実際ネームの最終OKを出すのはキバヤシなので、隊長であることに変わりありません。

※2014年発売の「新世紀黙示録MMR Resurrection」。講談社の読者参加型サイト「プロジェクト・アマテラス(現在は終了)」上で2012年〜2013年にかけ連載された(関連記事

トマル もちろん「Resurrection」でも、必ずキバヤシさんに相談してますよ。「つまらん」と言われて、やり返すときもあったりして、ハードルは相変わらず高めでした。


MMRタナカ・イケダ・トマル隊員インタビュー タナカ隊員。キバヤシ、ナワヤと並ぶMMR初期メンバーの1人で、キバヤシにその実力を認められて第2代のチーフに抜てきされる

MMRタナカ・イケダ・トマル隊員インタビュー イケダ隊員。単行本3巻よりMMRメンバーに加入、連載後期のチーフを務めた

MMRタナカ・イケダ・トマル隊員インタビュー トマル隊員。単行本6巻よりMMRメンバーに加入、2012年の「MMR復活編」はトマルが中心となって担当

―― 誰が「MMR」のお話を作ったり、漫画の担当をされたりという話は、今まで外に向けては語られていませんよね。

タナカ 我々が話を作って、それを作画の石垣ゆうき先生に見ていただいて意見をもらう、というやり方ですね。最初のころはキバヤシ中心で話を作っていまして、それを石垣さんに説明して描いてくださいという流れだったんです。

イケダ 石垣さんが取材に同行されることはあまりなかったんですね。ただ、石垣さんの意見が入ってないということではない。編集部は簡単な筋書きを持っていくだけなので、かなり肉付けしていただいてます。あと話の展開で強引なところをスムーズにしていただけたり、絵が入ると説得力も変わって来る。「取材とあらすじは編集部、漫画作りは石垣さん」と考えてもらえればと。



       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事