新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年03月14日 15時10分 UPDATE

若桜鉄道にピンク色のSLが走る 鳥取県に新たな“ピンクスポット”登場

“恋の日”の5月1日から期間限定で。

[ねとらぼ]

 5月1日から8日までの期間限定で、鳥取県の若桜鉄道(わかさてつどう)がピンク色の蒸気機関車(SL)を走らせる。

ピンク色のSL 色がすごい

ピンク色のSL ピンク一色の「恋山形駅」

 日本に4つしかない駅名に“恋”がつく駅の1つ「恋山形駅」(鳥取県八頭郡智頭町)。2013年6月9日から地域活性化の一環で、駅舎もベンチも看板に至るまですべてがピンク色に塗装され、駅構内には「ハート形モニュメント」や「幸せの鐘」なども設置されている。ピンク色になったことで恋山形駅は“恋愛のパワースポット”“ピンクスポット”として夫婦やカップルが訪れその後観光地化し、ピンク色のカレーやしょうゆなどが発売されるようになった。

 そんなピンク色で盛り上がる鳥取県の倉吉未来中心で、3月12日に「鳥取県鉄道フォーラム」が開催され、1938(昭和13)年に製造された蒸気機関車(C12 167号機)を保有する若桜鉄道で5月1日の「恋の日」に合わせて「ピンク色のSL」を走らせる企画が提案され実現することになった。

 若桜鉄道は郡家(こおげ)駅から若桜駅を結ぶ19.2キロ(駅数:9駅)の第三セクター鉄道。駅舎や橋梁、転車台、給水塔など23の施設が登録有形文化財に指定されている。

ピンク色のSL 元の色は渋い

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事