ニュース
» 2016年03月15日 18時05分 UPDATE

囲碁AI vs プロ棋士 世紀の5番勝負が終結 結果は「AlphaGo」の4勝1敗

「AlphaGo」は世界ランク4位、韓国名誉九段に。

[ねとらぼ]

 囲碁プログラム「AlphaGo」とトップ棋士・李世ドル九段の5番勝負「Google DeepMind チャレンジマッチ」の最終5局が15日に行われ、「AlphaGo」が勝利しました。通算対戦成績は「AlphaGo」の4勝1敗。

Google DeepMind チャレンジマッチ 結果(YouTubeより)

Google DeepMind チャレンジマッチ 敗戦後の李世ドル九段

 前半は李世ドル九段が有利な展開となり、Google DeepMindのCEO、Demis Hassabis氏も「AlphaGoがミスをした」とツイートしていましたが、次第に互角となり非常に細かい勝負となりました。


 「AlphaGo」は、コンピュータが自ら学習する人工知能技術「ディープラーニング」を囲碁に応用して強化されたソフト。開発に携わったDemis Hassabis氏はチェスの天才少年と呼ばれた人物でもあります。



 一連の対局により、「AlphaGo」はレーティングで世界4位にランクイン。韓国MBCニュースによると韓国棋院から「名誉九段」を与えられたそうです。

 囲碁の対局パターンは10の360乗以上と、チェス(10の120乗)や将棋(10の220乗)より多いため、ボードゲームの人間vsコンピュータでは最後の砦とされていましたが、2016年に少なくとも世界5指の実力を持つまでにはなりました。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー