新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年03月16日 22時10分 UPDATE

仏女優ソフィー・マルソー、最高勲章を拒否 サウジアラビア皇太子への授与を批判して

歴史あるレジオンドヌール勲章にノー。

[城川まちね,ねとらぼ]

 フランスの女優・映画監督のソフィー・マルソーさんが、フランスの最高勲章、レジオンドヌール勲章の授与を拒否。「ラ・ブーム」「ブレイブ・ハート」、「007 ワールド・イズ・ノット・イナフ」のボンドガール役でも知られる世界的な名女優の判断が、フランスで議論を呼び起こしています。

ソフィー・マルソーのInstagram ソフィー・マルソー(画像はソフィー・マルソーさんのInstagramより

 18世紀にナポレオンによって制定された同勲章は、フランスへの卓越した功績を評価されて与えられるもの。功績が認められれば外国人にも与えられ、映画監督の故・黒澤明さんや宇宙飛行士の向井千秋さんなどに授与されています。

 マルソーさんは同勲章の拒否理由を3月8日にツイート。仏ル・モンド誌の記事によると、同勲章はサウジアラビアのムハンマド・ビン・ナーイフ皇太子に、国民に公にされないまま3月4日に授与。サウジアラビアは中国、イランに次ぐ死刑執行数の多い国で、2016年も3月までにすでに70人、内47人は1日で処刑され、国際社会の批判を受けています。マルソーさんの勲章拒否は、これに反対するものでした。

レジオンドヌールの授与拒否理由を表明するソフィー・マルソー レジオンドヌールの授与拒否理由を自身のInstagramで表明するソフィー・マルソーさん

 マルソーさんはInstagramでもレジオンドヌールの拒否理由を示し、「ブラボー! ソフィー!」「みんなあなたに賛同している」「あなたは正しい。立派な女性だ」「フランスに貢献した人ならともかく、フランスの本質を汚す人に勲章を与えるなんて」と、その行動をたたえるコメントが多く寄せられています。

 イタリアで影響力のあるラ・スタンパ誌もこの話題を取り上げ、「エリゼ宮ではまったく慎み深く、公的なコミュニケーションは皆無のままサウジアラビア皇太子にレジオンドヌールが与えられた」とフランス政府を皮肉った後、「脱帽です、ソフィー」とフランス語でマルソーさんの行動をたたえました。

 今回のサウジアラビア皇太子に対するレジオンドヌールの叙勲(じょくん)に、フランスのエナン・ボーモン市長は「オランド大統領はフランスの名誉を汚した」とTwitter上で批判。フランスの右派政党・Front Nationalのフロリアン・フィリポット副代表も「フランスの名誉のため、このようにこっそり与えられた勲章は撤回すべきでは」とツイートしています。


関連キーワード

Instagram | Twitter | 批判 | 女優 | 死刑


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事