新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年03月17日 18時30分 UPDATE

秋田港の「うどんそば自販機」が道の駅へ移設され営業継続決定 撤去が決まってからは連日の行列

お湯が沸く時間を待つ。

[ねとらぼ]
移設されるうどんそば自販機 そばうどん自販機を惜しんで行列ができる(写真提供:加賀谷満里子さん)

 秋田港近くの船舶食料商「佐原商店」が3月いっぱいで閉店し、併設されている昭和レトロなうどんうば自販機も撤去される。このニュースが報じられると連日自販機には県内外から人が訪れ行列ができ、すぐにお湯がなくなる状態が続いていたが、再び4月以降も食べることができるかもしれない。


移設されるうどんそば自販機移設されるうどんそば自販機 1958年に創業した佐原商店は今年3月いっぱいで閉店

 廃業を決めた時から、自販機は市内のしかるべきところへ引き取ってほしいと店主は願っていたが、佐原商店の近くにある道の駅「あきた港」に移設されることが決まった。道の駅を管理する東北ダイケンと16日に合意したもので、3月末の佐原商店の閉店後引き取り、4月中の営業開始を目指す。

 とはいえあくまでも予定だと道の駅駅長の武藤さん。自販機の状態を見てみないことには分からないという。佐原商店にうどんそば自販機が置かれたのは1973年のころ。すでに同型の自販機は製造中止となっており、故障のたびに修理し、中古品を探しては代替えとしてきた。4代目となる現在の自販機もそれほど状態がいいものではないという。「屋外にあり風雪にもさらされていたので、メンテナンスしてみないとなんとも」。


移設されるうどんそば自販機移設されるうどんそば自販機 12食売れると50分待ち。取材時も入港する船への入荷やうどん自販機への対応で忙しそうだった

 自販機は知る人ぞ知るスポットとして人気だったが、NHKのドキュメント番組「ドキュメント72時間 秋田・真冬の自販機の前で」の舞台となったことからさらに人を集めるようになっていた。この番組は視聴者投票で昨年1年間の「72時間」の中で1位になっている。

移設されるうどんそば自販機 道の駅では屋内での設置を予定している

(写真提供:加賀谷満里子さん)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事