新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年03月18日 12時01分 UPDATE

国民生活センター、絶対に入ってはいけない「ぼったくりバー」に注意喚起

楽しい気分が一転、高額請求される。

[ねとらぼ]

 客引きに勧誘されて入った飲食店で、事前には想像もしていなかった高額な料金を請求される、いわゆる「ぼったくりバー」に関する相談が全国の消費生活センターなどに寄せられているとして、国民生活センターが注意喚起している。

ぼったくりバーに注意 国民生活センターから注意喚起

 「客引きの案内と違う高額な料金を支払わされた」「複数の方法で高額な支払いをさせられた」「クレジットカードを出したら何度も決済されていた」「眠っている間にクレジットカードを利用された」「思っていた金額の数倍がクレジットカードで決済されていた」「身分証のコピーを取られ、後日請求された」などさまざまな手口を紹介。いずれの事例でも支払いを強く求められ、客が仕方なく支払ってしまうことがほとんどで、高額な請求に後になって気付く事例もあったという。

 消費者からの「ぼったくりバー」に関する相談は、2009年度までは100件に満たない件数だったが、年々増加し2014年度には509件に。2015年度も現在までに300件近い相談が寄せられている。

 国民生活センターでは相談事例を元にその特徴や問題点を整理。消費者が「不慣れな繁華街や、既に酔った状態で繁華街を歩いているときに客引きに勧誘」され、「消費者の興味を引くようなことを言われ」入店していると指摘。店内でも「客引きの案内を信用して、消費者側が店内の料金表示をよく見ていない」などの特徴があるとのこと。

 「手口をよく知って、不審な店には入らない」「客引きについていかない」とまずは注意を促し、万が一に被害にあったら「警察に相談する」「請求に疑問があるときは、クレジットカード会社に問い合わせる」「消費生活センターに相談する」などの対応を求めている。

ぼったくりバーに注意

関連キーワード

国民生活センター | 注意喚起


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事