新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年03月18日 19時00分 UPDATE

うおおおおおお! Goodyearの球体型タイヤ「Eagle-360」が近未来的だと話題に

人類5000年ぶりの革命。

[Glycine,ねとらぼ]

 Goodyear Tire and Rubber Companyは、今月開催された第86回ジュネーブモーターショーで、従来のタイヤの概念をくつがえす球体型タイヤのコンセプトモデル「Eagle-360」を発表しました。

Eagle360 次世代球体型タイヤEagle360(画像はGoodyear EMEA Newsroomより)

 とにかくカッコいいコンセプトモデルのヴィジョンが描かれた動画は、コネクティビティから磁気浮上、バイオミミクリー(生物模倣技術)まで、最先端技術の粋を尽くした機能が連続し、映画「アイ,ロボット」の近未来コンセプト・カー「RSQスポーツクーペ」を連想させます。


 従来のタイヤは、中心軸を回転させて車を前後の方向に動かす原理に基づき、ステアリング操作によって方向を転換していますが、Eagle-360は完全な球体。前後の方向にとどまらず、左右斜め、どの方向にも進むことができます。

 球体型であるため、中心軸の回転でタイヤ全体を回すのではなく、磁気浮上の原理を用いて、球体タイヤと車体の間を浮かせながらタイヤに回転エネルギーを与え、車を走行させます。

磁気浮上 磁気浮上の原理(画像はThe Goodyear Eagle-360 コンセプトタイヤYouTube動画より)

 タイヤにはセンサーが埋め込まれ、道路のコンディションや気象状況を車の制御システムや付近の車両に通信するコネクティビティ機能が安全性を高めます。形状のみならず、まさに「脳」そのもの、考えるタイヤ。

 自然にインスパイアされたデザインは、ノウサンゴのパターンを3Dプリントしたもの。天然のスポンジのように、乾燥した状況では硬く、濡れたら柔らかくなるよう設計され、優れた走行性能を保証しハイドロプレーニング現象を防ぐバイオミミクリー技術です。

まさに脳 脳そのもののデザイン(画像はGoodyear EMEA Newsroomより)

ノウサンゴ ノウサンゴ。完全に一致(画像はWikipediaより)

 全方向球体型タイヤで機動性もアップ。車はすべての方向に移動することができ、タイトな駐車場や狭い道でもスムースな走行・駐車が可能。

車庫入れのイメージ 車庫入れも簡単(画像はThe Goodyear Eagle-360コンセプトタイヤYouTube動画より)

 現時点では「コンセプトタイヤ」として実用化は未知数な「Eagle-360」、実現すれば、人類最古の発明の1つとされる「車輪」の原理を継承するタイヤの概念を覆すことになります。人類5000年ぶりの革命は近いでしょうか。


関連キーワード

タイヤ | コンセプトモデル | 革命 | 発明 | 次世代


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事