新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年03月18日 22時00分 UPDATE

ジブリが使用したアニメ制作ソフト「Toonz」、ドワンゴがオープンソース化し無償公開

3月26日に公開。

[ねとらぼ]

 ドワンゴは3月18日、スタジオジブリなどが長年利用してきた伊DigitalVideo社のアニメーション制作ソフト「Toonz」を買収し、誰もが無償で利用できて改良できるオープンソースソフトウェア「OpenToonz」として、3月26日に公開すると発表した。

OpenToonz

 「OpenToonz」には、スタジオジブリが独自に開発した「Toonz」向けの機能(※Toonz Ghibli Edition)や、人工知能技術を使った「OpenToonz」向けのエフェクト、誰もがエフェクトを追加できるプラグイン機能を搭載。いずれも無償で提供する。


 アニメ制作に関連するさまざまな研究成果をすぐに制作現場に生かせるようなプラットフォームを作り、学術研究と映像産業が活発に連携できる環境を提供することが狙い。

 3月26日・ 27日の「AnimeJapan 2016」で、同ソフトの展示・説明会を実施。26日のセミナーにはドワンゴ会長・川上量生氏のほか、「OpenToonz」について共同研究を行っている東京大学大学院情報学環の岩澤駿助教、スタジオジブリ エグゼクティブイメージング ディレクターの奥井敦氏が登壇する。

関係者からのコメント

ジブリ奥井敦氏:1995年「もののけ姫」制作時に一部をデジタル制作する為、当時使用できたソフトから選定したのが「Toonz」です。混在させても違和感が無く、劇場クオリティでもストレスなく作業できる事が条件でした。以降、メジャーバージョンアップも乗り越え、より使い易く改良を重ねながら使用してきました。今回のオープンソース化にあたり、Ghibli Editionも提供できる事になりました。アニメーション業界はもとより、より多くの人に使用していただければ幸いです。DigitalVideo社スタッフに感謝いたします。

Toonz開発者Claudio Mattei氏:Toonzをオープンソースプラットフォームにし、アニメーション業界に提供するというドワンゴとの契約は、Toonzを2Dアニメーション業界の標準にするというDigitalVideo社の戦略がひとつの到達地点に達したものと考えています。同時に、これは我々にとって、オープンソースビジネスモデルを推進するという新たな始まりでもあります。DigitalVideo社は既存ならびに新規の顧客に対して、Toonzのトレーニングやカスタマイズを提供することによってこれを実現していきます。我々は1995年から「Toonz」を使い続け、最も高名なユーザーでもあるスタジオジブリや、ドワンゴとともに今回の取り組みを行えることを誇りに思っております。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー