新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年03月19日 09時00分 UPDATE

全編油絵! ゴッホの描いた風景がそのまま動きだす映画プロジェクト「Loving Vincent」が驚愕の映像美

まるで動く美術館!

[Jun,ねとらぼ]

 「フィンセント・ファン・ゴッホ」の波乱に満ちた人生を自身の油絵のタッチを用いて長編アニメ映画化するという、これまでにない壮大な試みが現在進行中です。映画のタイトルは「Loving Vincent」。イギリスの映画会社「Breakthru Films」と「Trademark Films」の共同制作で、2016年公開予定です。


Loving Vincent公式予告 YouTube上で公開された公式予告

 近年映像作品におけるペイントタッチの表現は、コンピューターを用いた画像処理が主流となっていますが、同作は85人に及ぶ油彩画家が、ゴッホの技法を用いてキャンバスに1枚ずつ描き上げています。1枚の絵が通常のアニメでいうところの1枚のセル画にあたるため、 この長編映画では実に6万2450枚もの油絵が必要になるといいます。


制作風景 制作風景。ロトスコープのように、実写をベースにして1枚ずつ油絵として描いているようだ。気が遠くなりそう……!

 映画のストーリーは、ゴッホ自身が書いた800もの手紙をもとに、彼の人生に影響を与えた人々や、彼の予期せぬ死をもたらした事件を描いたもの。また劇中では120を超えるゴッホの作品も登場します。


ルーラン親子 ゴッホの良き友人である郵便配達人「ジョゼフ・ルーラン」と息子の「アルマン・ルーラン」の親子共演

ローヌ川の星月夜 水面が揺れる「ローヌ川の星月夜」

 映像美もさることながら、数々の名作にまつわるバックグラウンドストーリーとともに、アニメという誰にでも親しみやすい形で鑑賞できる作品。日本での公開も期待されます。


(Jun)


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ねこ漫画「チーズスイートホーム」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー