新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年03月23日 13時00分 UPDATE

世界中から集めた宇宙にまつわる約150点を一挙公開! 森美術館で「宇宙と芸術展」開催

宇宙クラスタよ、六本木に集合せよ!

[k村,ねとらぼ]

 六本木ヒルズの森美術館で「宇宙と芸術展」が2016年7月30日〜2017年1月9日に開催されます。

 人間にとって永遠の関心事であり、信仰や研究の対象になってきた宇宙。そのさまざまな謎と物語は私たちを引きつけてやみません。同展では、約150点の歴史的資料や芸術作品を4部構成で展示。

 「人間が宇宙をどのように捉えてきたか」という歴史的な宇宙観や、11次元あるといわれる宇宙空間の不思議、人類が想像してきた宇宙人像、現代の宇宙開発の最前線、未来の人間の生き方などを描きます。


展示作品の一部

宇宙と芸術展 空山 基《セクシーロボット》 /2016年/撮影:Tanaka Shigeru/Courtesy:NANZUKA

宇宙と芸術展 『竹取物語絵巻』(第三巻)/江戸時代前期/所蔵:國學院大學図書館、東京

宇宙と芸術展 ガリレオ・ガリレイ 『星界の報告』/1610年/出版:トマス・バリオー二/所蔵:金沢工業大学ライブラリーセンター

宇宙と芸術展 ビョーン・ダーレム《ブラックホール(M-領域)》/2008年/撮影:ブレイズ・アディロン/Courtesy:サーチ・コレクション、ロンドン

宇宙と芸術展 万寿堂編『小笠原越中守知行所着舟』(「漂流記集」より)/江戸時代後期(19世紀)/所蔵:西尾市岩瀬文庫、愛知

宇宙と芸術展 チームラボ《追われるカラス、追うカラスも追われるカラス、そして分割された視点―Light in Dark》/2014年/展示風景 日本科学未来館 ※参考作品

 注目は、日本初公開となる天才ダ・ヴィンチの天文学手稿。他にも、ガリレオ・ガリレイの天文学古書、日本最古のSF小説ともいえる「竹取物語絵巻」などの貴重な歴史的資料や、現代アーティストによるインスタレーション、JAXAの芸術プロジェクト「マーズ・アイス・ハウス」など、ジャンルを超えた出展物が公開される予定です。

開催概要

展覧会名:宇宙と芸術展

主催:森美術館、 NHKプロモーション、読売新聞社

企画:南條史生(森美術館館長)、椿玲子(森美術館アソシエイト・キュレーター)

会期:2016 年7月30日〜2017年1月9日

会場:森美術館 東京都港区六本木 6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 53F

開館時間:10時〜22時 火曜10時〜17時

※いずれも入館時間は閉館時間の30分前まで、会期中無休

入館料:未定

問い合わせ先:03-5777-8600 (ハローダイヤル)


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー