新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年03月19日 22時00分 UPDATE

主役はダース・モール! ファンが作った「スター・ウォーズ」ムービーがクオリティ高すぎ

もう一度「ダース・モール」が見たいからという思いで作られました。

[Jun,ねとらぼ]

 スター・ウォーズをテーマにした、ファン制作の短編作品「DARTH MAUL: Apprentice - A Star Wars Fan-Film」が公開され、クオリティの高さで話題になっています。制作したのはドイツの 「T7 Production」。Vi-Dan Tran氏とShawn Bu氏による映像プロダクションで、2人は映画、短編作品、ミュージックビデオの制作に携わっています。

 ファン制作のムービーは、映像制作用ソフトウェアとハードウェアの進化と共に着実にクオリティが高まってきていますが、この作品は映像作家が手掛けただけあって、スピンオフとして制作された映画かと思ってしまうほど、本気度が高い仕上がりとなっています。



 主役は「スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス」に登場したシスの暗黒卿「ダース・モール」です。その強さ、風貌などから根強いファンがおり、日本でも昨年話題となった「スター・ウォーズねぶた」にダークサイドである「シス」代表の一人として登場しました。

 人気はあれど、ダース・モールが登場した映画はエピソード1のみ。「DARTH MAUL: Apprentice - A Star Wars Fan-Film」は、ファンとしてもっとたくさんダース・モールを見たい、という一心で、2年の月日を費やして制作されました。

 作品中では詳しいバックグラウンドは語られていませんが、ダース・モールの師である「ダース・シディアス」の元で、シスの「アプレンティス(徒弟)」として訓練を受けていた頃のストーリーのようです。そのさなか、ライトサイドである「ジェダイ」の一団が調査に訪れるところから始まります。残念ながら日本語字幕はありませんが、アクション多めとなっており見ごたえは十分です。


ジェダイ マスターを含めた5人のジェダイと対峙……これ本編より危機的状況ですよ!

ダース・モール だが、さすがのダース・モール。まだ徒弟のくせにチートすぎ

ライトセーバーとフォース ライトセーバーとフォースを駆使した殺陣、スター・ウォーズ愛を感じます

アプレンティス対アプレンティス 絶望感漂うクライマックス、シス・アプレンティス対ジェダイ・アプレンティスの戦い

 T7 ProductionのFaceBookによると、プロダクションの説明として「ドイツでハリウッドクオリティの作品を作り出すことがゴールだ」と記載しています。この作品を見る限り、ゴールテープが見える位置にいることは間違いなさそうです。



(Jun)


関連キーワード

スター・ウォーズ | 映画 | 動画 | YouTube


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事