新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年03月20日 17時45分 UPDATE

日本の匠が産み出した「世界初のロリータ包丁」に驚きの声 「完全にメンヘラの武器」「刺されたら傷口がハート形になりそう」

日本の伝統と文化が、奇跡のコラボレーションを果たしました。

[束子,ねとらぼ]

 放送作家・吉村智樹さんがツイートした「世界初のロリータ包丁」が、ネット上で大きな話題となっています。




 黒を基調としたゴスロリ包丁「ジュリエット」と、ピンクを基調としたロリータ包丁「ラピン」。両商品とも、包丁の背に蝶の羽やハートが形作られていたり、刃の表面にはバラやハートの細かい彫刻があしらわれていたりと、私たちのよく知っている料理包丁とは似ても似つかない斬新すぎるデザインになっています。



世界初のロリータ包丁 ゴスロリモチーフの「ジュリエット」。19万8000円(税込)(商品ページより

世界初のロリータ包丁 ピンク色がかわいい「ラピン」。16万8000円(税込)(商品ページより

 Twitterでは「使いにくいし汚れ溜まりそうだし、そもそも包丁入れに収まらないけど無駄に欲しい」など、購買欲をかき立てられたというコメントが寄せられています。

 また「完全にメンヘラの武器じゃん……」「こんなに血が似合う包丁みたことない……」「刺されたら傷口がハート形になりそう」といった感想や、「むしろこんなん作るのよく承諾したね職人さん」などといった驚きの声も上がっていました。

 「ロリータ包丁」が誕生したのは、「金物の町」として有名な兵庫県三木市。「田中一之刃物製作所」の四代目・鍛冶職人の田中誠貴さんと、匠工芸「TAKUMI ARMORY」によるコラボ商品です。



 価格は税込みで「ジュリエット」が19万8000円、「ラピン」が16万8000円。一振り一振りを職人が手打ちし、装飾も全て手作業で制作されているため、完全受注生産品となっています。

 手元に届くまでに約2カ月かかるので、お買い求めの方は早めの注文をオススメします。


(束子)


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ご応募お待ちしております。

IMALUという名は「生きてるだけで丸もうけ」というさんまさんの座右の銘から。

“バリュータイプ”の新ディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル」を一足先にチェックしてきました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事