新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年03月21日 09時00分 UPDATE

災害時に役立つ……のか? レモンを使って火を起こすライフハック

レモンのおかげで命が助かる可能性が微レ存。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 果物に含まれるクエン酸を電解液として使った果物電池は、自由研究のテーマとしてもポピュラーなところですが、なんとこれを火起こしに利用したサバイバル技術が、YouTubeで注目を集めています。

 火起こしに用いられたのは、レモン1個と、6組の釘とピン、導線とスチールウール。レモンに釘とピンを突き立て、導線でつないでやると、あっという間にレモン電池が完成。両極をスチールウールに当てて発熱し、見事種火を作ることに成功しています。動画には「ライターのほうが早い」「そして残ったレモンはウィスキーに入れて飲もう」「そもそもこんな極寒の地にレモンあんのか?」といったツッコミが寄せられていますが、レモンで火を起こせることそのものに意義があるのでしょう、きっと。


材料紹介 材料はありふれたものばかり。有事の際に揃うかどうかはさておき

電極を刺す 釘とピンを並行してレモンに突き立てる

電極を接続 6組中5組の釘とピンを接続

完成 残った1組に導線をつけたら完成

実験 実験開始。スチールウールに火種のティッシュを乗せて、両極を接触

着火 ほどなくして着火に成功

燃えた! 火種を追加して火勢を強める

火鉢 火鉢の中で燃え上がる炎。炭やマキなどをくべれば十分に暖を取れそう

 動画が投稿されたのはYouTubeチャンネルの「NorthSurvival」。ほかにも「オレンジの皮を器にしてケーキを焼く方法」や「原始的な獣獲り罠の作り方」など、実用性はさておき、ユニークな技術を多数紹介しています。災害時にレモンと釘と導線だけが手元にあるという状況は、そうそうあるものではないでしょうが、人生何が起きるかわかったものではありません。こうした基礎知識は覚えておいて損はないでしょう。得するかどうかは応用力次第ですが。


(沓澤真二)


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ご応募お待ちしております。

IMALUという名は「生きてるだけで丸もうけ」というさんまさんの座右の銘から。

“バリュータイプ”の新ディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル」を一足先にチェックしてきました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事