新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年03月21日 15時00分 UPDATE

そこはプラレールの王国だった 店主の親心から生まれたプラレールカフェで笑顔に

巨大プラレールがドーン!

[茂木宏美/LOCOMO&COMO,ねとらぼ]

 鉄道オタクをはじめ電車好きの子どもやファミリーに大人気のカフェがある。それが「プラたく」。タカラトミーが販売するプラレールが、ドーーーッンと店内に構えていることで有名なカフェだ。その大きさは畳一畳分とか。それが、どれほどスゴイものなのか、この目で見ようと出向いてみた。

 京成線「高砂」駅から歩くこと5分、プラレールの色と同じ青色が目印の看板を発見。


画像 店の看板には青色のプラレールが描かれている

画像 カプセルプラレールのガチャガチャが店頭に

 目に飛び込んできたのは、でっかいプラレール。いきなりの登場に驚かされ、しばしぼう然となった。


画像 黄色の城って感じだ。確かにデカイ

 店内奥にも壁一面に新品のプラレールがずらりと並んでいる。まるでおもちゃ屋さんのよう。ここは本当に「カフェ」なのだろうか?


画像 定番プラレールはしかり、レア商品もあるそ!

画像 地元の鉄道会社、京成線もあった

 案内してもらった席はあの巨大なプラレールが隣接し、車両が走る横で食事を楽しめる人気のスペース。座ってプラレールを見上げると、その大きさに圧倒されそうだ。聞けば、高さは1メートル60センチ。台座60センチを足すと2メートル20センチにもなるのだそう。


画像 家族で楽しめそうなベンチとテーブル

 このプラレールは今年組み直したばかりのNEWレイアウト。組み立てるのは、ぺたぞうさんという、“一畳プラレール”の達人だ。「曲線と直線のレールだけを使用して、一畳の中に組み立てるのは、それはそれは難しいんですよ」とプラたくのご主人・岡田さん。ぺたぞうさんとは大の仲良しで、2人ともプラレールのサークルの立ち上げメンバーだそう。


画像 下から3階層分は、持ち込み車両を走らせることができる!


画像 スカイツリーもいるぞ!

 レイアウトは2段セットで7階層あり、車両は違うルートを通って、また元の場所に戻って、と一筆書きのように走る。しかも7階層のうちの6階層が違う組み立て方をしているというのだ。なんて複雑なプラレールタウンなのだろう。そこに、新商品を中心に4編成が走っているのだとか。さらにカメラを内側に仕込み、複雑な構造を走る車両をモニターで見ることができる。


画像 見上げるように写真を撮ったら、スゴイ構造が見えた!

画像 モニターまでプラレールの中に! 臨場感あふれる映像を見ることできる


画像 動いている車両の写真撮影はなかなか難しい

 動いている車両を上手く撮るために何度も挑戦しているうちに、徐々に撮影することにハマってきた。さらに店内を物色すると、天井付近にも車両が走り、壁にも模型や写真が飾られている。


画像 このレールは高等専門学校生が作成してくれたのだそう

画像画像 壁だけ見ていても飽きない

 いすみ鉄道とのコラボスイーツもある。プラレールのスイーツは今後展開予定だそう。


画像 いすみ鉄道とのコラボスイーツ

 さらにはキッズスペースまでも。DVDや本など充実しすぎている。


画像画像 キッズスペース

 圧巻の光景に打ちのめされたかのようにポカンとしていた筆者に、岡田さんが「ぜひトイレも見てください」と言ってきた。トイレに向かい、ドアを開けると、なんとトイレの中までプラレールまみれだった!


画像 手洗いの下にも“詰まってる”!

画像 その上を見上げると、わぉ、たくさんいる

画像 そして奥には「ヒカリアン」が! テレビ放映されていてアニメのキャラクターが勢ぞろいしているのだ。ヒカリアンはプラレールに乗せることができる

 ここまでプラレールで埋め尽くされていると、なぜにこんなに集め出したのか? という疑問が出てきた。岡田さんは「息子が生まれて、甥っ子からプラレール車両をもらったんですね。そして車両を買い足していくうちにハマってしまいました。今では200種類、600〜800車両くらいありますね」と笑顔で話してくれた。恐るべき車両数である。


画像 プラレール歴9年の店主・岡田泰一さんは、息子さんと一緒にプラレールを楽しんでいるそう。「ここは、大人も、子どもも楽しんでもらえる場所ですよ」

 一畳プラレールを筆頭に、さまざまなプラレール車両やそれらに関連したおもちゃなどが揃う「プラたく」。まさに「プラレールの王国」だ。一度訪れると、ほとんどの人がリピーターになってしまうそうだが、確かにプラレールの魅力をこれだけ見せられたら、ファンでなくても、ハマってしまうのも頷ける。

プラたく

東京都葛飾区高砂3-8-16

10時〜18時 水曜定休



(茂木宏美/LOCOMO&COMO)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

icon
編集部からのお知らせ:

ご応募お待ちしております。

icon

IMALUという名は「生きてるだけで丸もうけ」というさんまさんの座右の銘から。

icon

“バリュータイプ”の新ディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル」を一足先にチェックしてきました。

icon

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事