新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年03月22日 09時28分 UPDATE

東山動植物園で子ども4人乗せた観覧車が扉を閉めずに1周 遊具の追突事故も発生し遊園地の営業を当面停止へ

観覧車の事故の直前には遊具での追突事故も。続けざまに事故が発生していた。

[ねとらぼ]

 東山動植物園(名古屋市千種区)は3月21日、園内の遊園地においてスロープシューターの追突事故および観覧車の扉をスタッフが閉鎖確認を怠ったとして謝罪。当面の間、営業を停止し、早急に遊園地従事スタッフへの危機管理意識と安全確認教育の徹底、全遊具の安全点検を実施すると発表した。

東山動植物園で事故東山動植物園で事故 事故があったスロープシューターと大観覧車

 同日15時ころ、スロープシューターの車両が走行路途中で停止。続く車両が接触し、さらにそこに3つめの車両が追突し停止した。1人が体調不良を訴えた。

 その約30分後、今度は観覧車に子ども4人が乗車した際、従事スタッフが開閉扉の閉鎖確認を怠りそのまま上昇する事故が発生。母親が扉が開いていることをスタッフに指摘し運転を停止するよう声をかけるが、他の乗客もいるとしてそのまま運転を続けたという。4人はそのまま1周して無事だった。

 営業を停止するのは遊園地のみで動物園と植物園は営業を継続する。

東山動植物園で事故 観覧車は約7分で1周する。なお、一番高いところで約36メートルあるとのこと(公式サイトより)

東山動植物園で事故 遊園地マップ(公式サイトより)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ねこ漫画「チーズスイートホーム」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー