新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年03月22日 20時00分 UPDATE

松野家最弱は誰だ!? 「おそ松さん」麻雀を実際にやってみた (1/2)

人気のアニメ「おそ松さん」21話で放送されたエピソード「麻雀」。そこで明かされた松野家の六つ子の打ち筋をトレースして麻雀を打ってみました。松野家で一番強いのは、そして弱いのは何松だ!?

[青柳美帆子,ねとらぼ]

 大人気のアニメ「おそ松さん」。21話前半のエピソード「麻雀」は、麻雀漫画やアニメのネタをふんだんにちりばめつつ六つ子が麻雀をするという内容で、麻雀クラスタをざわ・・ざわ・・とさせました。特徴的だったのは六つ子の打ち筋。キャラを反映した六者六様の打ち方に、それぞれ二つ名がついています。


 今回の企画では「おそ松さん」好きのファンが集まり、「松麻雀」を再現してみました。つまり六つ子の打ち方をトレースし、実際に打つと誰が松野家最強・最弱なのかを実証してみることに。事前の予想では、最強はチョロ松。そして最弱はおそ松でした。勝負のゆくえは……!?

ALT 松麻雀に挑む「おそ松さん」ファン。もちろん(?)松パーカーを着用。

松麻雀ルール決定

 まずは六つ子の麻雀の打ち筋を復習。そしてその麻雀を再現するべく打ち方ルールを決めました。

おそ松 「オーラス知らずのおそ松」

カンチャンペンチャン単騎でも即リーチの全ツッパ麻雀。一度鳴いたら絶対にオリない。

トド松 「ベタオリの貴公子トド松」

最速最強の鳴き麻雀のため、できるだけ鳴く(ポンやチーやカンをする)。ただしメンタルが弱いので、他家がリーチ&テンパイしたらベタオリ。

チョロ松 「ノーリターンなオープンリーチチョロ松」

うそをつけない性格が災いして待ちが見えてしまい、ロンが絶望的という設定。そのためテンパイしたら手元で待ちの部分を開く。他家はもちろんチョロ松に振り込まないように気を付ける。

十四松 「フリテンの暴君十四松」

ゾーンに入って高いアガリ手を連発、しかしその後フリテンやノーテンリーチ、少牌多牌などで点数を吐き出すオカルト麻雀。できるだけ高めを狙って上がる(安手で上がってもOK)。2回連続で満貫(8000点)以上で上がった場合、次局は8巡目でノーテンリーチをする。

一松 「卓がえしの一松」

異様な捨て牌、異様な鳴き、点数が読めないが、普通に弱いので普通に負ける初心者。安手になる意味不明な鳴きをし、待ちもリャンメンではなく愚形やシャンポン形をあえて選ぶように。

カラ松 「不和了(ノーホーラ)のファンタジスタカラ松」

どんなに高い手をテンパイしても役満を目指してテンパイ崩し。結果他家にツモられ貧乏。


 麻雀には「赤牌」という役が採用されていることがありますが、松麻雀では赤なしを選択。戦いの火ぶたが切られました……。

1回戦。おそ松十四松の爆発、まさかのチョロ松

 1回戦のメンツはおそ松・チョロ松・十四松・トド松。開幕、いきなり動いたのはやはりおそ松。五巡目の「リーチ!」の声に震える他家。二巡後、十四松が切った六索が当たり、ドヤ顔で牌を倒すおそ松……! 役はリーチのみ。しかし裏ドラが乗り、リーチ裏3で満貫に!

ALT おそ松兄さん、リーチのみの手が化ける

 チョロ松も負けてはいない。リャンメンでテンパイ、意気込んでリーチするものの、なぜか誰も振り込んでくれない……(なぜなら待ちが目の中に見えているので)。悲しみの流局。トッティも頑張って鳴く。が、テンパイもしない。

ALT 待ちは一四索。「おかしいな〜出ないな〜」「出ねえよ!」
ALT こんなに鳴いてるのにテンパイしないトド松

 十四松も動く。八巡目リーチ……からの一発ツモ! 1300・2600のアガリ。十四松(なりきり中)が呟く。「十四松だとツキが来る」。オカルトだ!

ALT 男はやっぱりリーチ一発ツモ

 そして悲劇が起こる。十四松のオカルトリーチ、全ツッパおそ松のおっかけリーチが入り、共通安牌を失ったチョロ松。ここでまさかの三筒を切り、ダブロン! 持ち点0点の状態から静かに飛んだチョロ松。こうして一回戦は本命チョロ松が沈む結果になった……。

ALT チョロ松悲しみのダブロン(※三筒はおそ松に対して超危険牌なので本来は切っちゃダメです)

一回戦結果発表

1位:おそ松(+61.1) 2位:十四松(+14.2) 3位:トド松(△15.3) 4位:チョロ松(△60)

二回戦。一松頑張る、お兄様大不調

 チョロ松と一松が交代。異様な捨て牌と異様な鳴きを連発し、荒れまくっていく場。

ALT 異様な捨て牌

 しかし意外なクソリーチやクソカンに裏ドラや新ドラが乗ってしまったりして、下馬評を大きく覆し一松がトップに。「どういうことなんだ……」と動揺するなりきり中の四人。順調に振り込み続けるおそ松。

ALT カンしたら一気にドラ4の手に

 そして迎えてしまったオーラス。このまま終わってしまうのか……と思いきや、親の十四松がオカルトパワーを発揮。リーチイーペイコー裏裏で親の満貫。12000点で一松をまくり、見事トップに躍り出た。なお振り込んでしまったのはやはりおそ松、見事なラスに。十四松(なりきり中)が呟く。「十四松にはドラが来る」

ALT 裏が乗ってマクる十四松

二回戦結果発表

1位:十四松(+53) 2位:一松(+20.2) 3位:トド松(△26) 4位:おそ松(△47.2)

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー