ニュース
» 2016年03月23日 13時35分 UPDATE

世界よ、これが日本のポップカルチャーだ! 「SUGOI JAPAN Award2016」に「ワンパンマン」「屍者の帝国」など

日本国民が「世界中の人々にも紹介したい!」作品が決定。

[はためく惑星,ねとらぼ]

 世界に紹介したい日本のポップカルチャー作品を国民投票で選出する「SUGOI JAPAN Award2016」の結果が3月22日に発表され、「ワンパンマン」「四月は君の嘘」「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」「屍者の帝国」がそれれぞれの部門で1位を獲得しました。

「SUGOI JAPAN Award2016」受賞者とゲスト 「世界中の人々にも紹介したい!」各部門の第1位が発表

「ワンパンマン」 マンガ部門第1位「ワンパンマン」

 マンガ部門第1位「ワンパンマン」(原作:ONE 漫画:村田雄介)は、2009年からONEさんのWebサイトで無料公開され、2012年から村田雄介さんの作画で集英社のWebマンガサイト「となりのヤングジャンプ」で連載開始。2014年に書店員を中心とした有志が選ぶ「マンガ大賞」では7位を獲得。2015年にはテレビアニメ化もされ、アニメは「VFX-JAPANアワード2016」でテレビ番組部門優秀賞を受賞しました。

「四月は君の嘘」 アニメ部門第1位「四月は君の嘘」

 アニメ部門第1位「四月は君の嘘」(原作:新川直司)は、講談社「月刊少年マガジン」で2011年から2015年にかけて連載された漫画原作のアニメ。制作はA-1 Pictures、監督はイシグロキョウヘイさん。フジテレビ「ノイタミナ」枠で2014年から2015年にかけて放送され、原作の終了に合わせてアニメも物語の完結まで描かれました。また、2016年9月には広瀬すずさん、山崎賢人さんのW主演で同原作の実写映画も公開予定です(関連記事)。

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」(著者:大森藤ノ イラスト:ヤスダスズヒト) ラノベ部門第1位「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」

 ラノベ部門第1位「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」(著者:大森藤ノ イラスト:ヤスダスズヒト)は、SBクリエイティブのGA文庫から刊行されている作品。2014年に「第3回ラノベ好き書店員大賞」第1位を獲得し、2015年にはテレビアニメ化。米紙New York Timesが発表するベストセラーランキングでも上位に名を連ねるなど反響は国内外にも広がっています。

「屍者の帝国」(著者:伊藤計劃 円城塔) エンタメ小説部門第1位「屍者の帝国」

 エンタメ小説部門第1位「屍者の帝国」(著者:伊藤計劃 円城塔)は、河出書房新社の河出文庫から2012年に発行された長編SF小説。34歳で早世した伊藤さんが残した草稿を基に、伊藤さんと親交の深かった円城さんが後を引き継ぎ完成させました。「第33回日本SF大賞」特別賞、「第44回星雲賞」日本長編部門を受賞し、2015年には劇場アニメも公開されました。

 「SUGOI JAPAN Award2016」の投票は2015年11月16日から2016年1月3日まで公式サイト上で行われ、総投票数は6万5294票に。投票対象となった各部門それぞれ20作を「SUGOI 20(スゴイトウェンテイー)」として、海外メディアでの紹介や3月26日より開催される「AnimeJapan 2016」で展示するなど、さまざまな形で海外へ発信していく考えです。

(C) ONE・村田雄介/となりのヤングジャンプ・集英社
(C) 新川直司・講談社/「四月は君の嘘」製作委員会

関連キーワード

受賞 | ポップカルチャー | AnimeJapan


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

やまもとありさ×ねとらぼ: SNSマンガ家群像劇「アオイトリデ」


» 続きを読む
» 過去のまんが一覧

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー