ニュース
» 2016年03月23日 18時08分 UPDATE

23日宵の頃「半影月食」みえるかな?

月の一部がわずかに暗くなる「半影月食(はんえいげっしょく)」と呼ばれる現象がみられます。

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp
ah_tenki1.jpg

 23日は宵の満月に注目してみてください。月の一部がわずかに暗くなる「半影月食(はんえいげっしょく)」と呼ばれる現象がみられます。食の最大は午後8時47分頃です。各地の天気はどうでしょうか。

宵の満月に注目!! 「半影月食」とは……

 「半影月食(はんえいげっしょく)」とは、月が地球の半影に入って、月面の一部がわずかに暗くなる現象です。通常は数年に一度しか見ることができませんが、2016年は3月23日、8月18日、9月17日と3回あり、きょうは今年1回目の半影月食となります。

 23日の半影月食は、午後6時37分ごろに暗くなり始め、午後8時47分ごろに最大、午後10時57分ごろに終わります。暗くなり始めのころは月の高度が低く見づらいので、月が高くなり影が最大となる午後9時前〜午後10時ごろを中心に月の明るさを比べてみると良いでしょう。月の南寄りの部分がいくらか暗くなっているのがみられます。

 半影月食は、注意して見ないと月食と気付かない場合がほとんどですが、今回は比較的わかりやすいとされています。肉眼ではわかりにくい場合、露出を一定にして撮影して見比べるのも良さそうです。

各地の詳しい天気は? 半影月食はみえる?

 図の星空指数で各地の天気を確認してみましょう。

【沖縄・九州南部】

 雲が多く、雨の降る所もあるため、月を見るのは難しいでしょう。

【九州北部】

 多少雲は広がりますが、雲の切れ間から月がみられそうです。

【中国・四国〜関東】

 すっきりとはいえませんが、晴れ間があるでしょう。期待できそうです。

【北陸・東北や北海道の日本海側】

 雲が広がりやすく、雨や雪の降る所があるでしょう。月食を観測するのは難しい天気です。

【東北や北海道の太平洋側】

 晴れ間があるでしょう。一度、空を眺めてみてください。

 特に、九州北部から関東、東北や北海道の太平洋側は見られる所がありそうです。

ah_tenki2.jpg

関連リンク

Copyright (C) 2017 日本気象協会 All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー