新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年03月25日 12時51分 UPDATE

「イソジン」めぐる明治とムンディの対立、和解へ 「カバくん」は今後もうがい薬に使用

互いに仮処分命令を申し立てる状況でしたが、円満な合意のもと和解したとのこと。

[ねとらぼ]

 うがい薬「イソジン」をめぐって互いに東京地裁へ仮処分命令を申し立てていた、明治とムンディファーマおよびシオノギヘルスケア(関連記事)。3月24日に明治は、3月18日に和解によって同件が解決したことを発表しました。

イソジン 「イソジン」の販売終了を周知する明治

 明治は1961年から製造販売してきた「イソジン」を、技術提携およびライセンス契約をしてきたオランダのムンディファーマ社の要請によって今年3月31日に手放すことになっています。その後「イソジン」はムンディファーマが販売委託するシオノギヘルスケアと塩野義製薬が販売。明治は4月1日から「イソジン」の代わりに、中身は全く同じ内容で商品名のみ変更した「明治うがい薬」を販売し、従来使用してきたキャラ「カバくん」もプロモーションに利用していくとしていました。

イソジンイソジン 「カバくん」(左)とシオノギヘルスケアが新たなイソジンに使用していたキャラ(右)

 しかしシオノギヘルスケアが販売する「イソジン」のデザインが「カバくん」と酷似しているとして、2月9日に明治はムンディファーマとシオノギヘルスケアに対し、不正競争防止法に基づいてデザインの使用の差し止めを求める仮処分を東京地裁へ申し立てます。これを受けムンディファーマも2月25日、「明治うがい薬」が「イソジン」に酷似しているとして不正競争防止法などの差し止め仮処分を申し立てました。

 このたび3月18日に当事者間で円満な合意に至った結果、互いに仮処分命令を申し立てる状況が和解という形で解決。両社は4月1日よりそれぞれの製品を予定通り発売します。明治も「カバくん」を用いたパッケージで「明治うがい薬」などポビドンヨード製剤16品目を販売開始する予定です。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事