新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年03月25日 14時35分 UPDATE

伝説のOVA「フリクリ」の続編制作が決定! 監督は「踊る大捜査線」「PSYCHO-PASS」の本広克行

ついに来たか!!

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 アニメ専門チャンネル「カートゥーンネットワーク」を運営するターナーが、日本のOVA「フリクリ FLCL」の続編をProduction I.G(以下、I.G)と共同で制作していることを発表しました。続編は全12話となり、2シーズンに分けてリリース予定とのこと。

 昨夏、I.Gはオリジナル版を共同制作していたガイナックスから原作権を取得(関連記事)。かねて続編制作が進行中なのではとうわさされていました。



 ターナーの発表によると、新作はオリジナル版の完全な続編にあたるとのこと。前作の主人公・ナオ太が活躍した時期からは何年も経った後の物語になる予定で、新たな主人公となるのは「Hidomi」というティーン・エイジャーの少女。自分の人生に「特別なことなんて起こらない」と考えていた彼女でしたが、ある日、学校にハル子と名乗る新任教師がやって来ると、間もなくして町がメディカルメカニカによる攻撃を受けることになり……という全く先が読めない展開になるもよう。

 気になるメインスタッフは、監督が「PSYCHO-PASS」や「踊る大捜査線」などで知られる本広克行氏、キャラクター原案は引き続き貞本義行氏、脚本は岩井秀人氏。前作で監督を務めた鶴巻和哉氏はスーパーバイザーとして本作の監修にあたるとしています。

 なお、ねとらぼ編集部でI.Gに確認したところ、「現時点ではコメントできない」とのことでしたが、近いうちに何らかの発表がありそうです。

15時20分追記

貞本義行氏はキャラクターデザインではなくキャラクター原案だったため修正しました



Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事