新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年03月26日 15時00分 UPDATE

マネしちゃだめ! 1セント硬貨が日光でみるみる溶ける実験動画

フレネルレンズで集光しています。

[大場巧揮,ねとらぼ]

 巨大なフレネルレンズに日光を通して、1セント硬貨をあっという間に溶かしてしまう動画が公開されています。



 この動画では30秒ほどで硬貨が変形し始め、あっという間に溶けてしまいます。


フレネルレンズで硬貨を溶かす 光を当てると


フレネルレンズで硬貨を溶かす あっという間に溶けてしまう

 ここで使われているフレネルレンズとは、横から見るとノコギリのような段差がついたレンズのこと。この段差が屈折面として光を焦点位置に集めます。通常のレンズよりも薄くて軽いなどの利点があります。凸レンズでも光を集めることはできますが、大型の凸レンズを製作するのは難しいため、大きいレンズが必要なときはフレネルレンズが使われることが多いようです。


フレネルレンズで硬貨を溶かす フレネルレンズ(北海道教育大学10年経験者研修資料より)

 YouTubeに動画を投稿したのは「LET'S MELT THIS」(これを溶かしてみよう)というアカウントで、他にもiPadを溶かしたり、ワッフルに溶解アルミニウムをかけてみたりと、なかなかすごい動画がいくつも上がっています。

 なお、円硬貨を溶かすのは犯罪になってしまうので、真似してはいけませんよ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ねこ漫画「チーズスイートホーム」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー