ニュース
» 2016年03月26日 17時33分 UPDATE

もう二日酔いになんかならない! 「酔い」をコントロールしてくれる“飲酒管理ガジェット”、クラウドファンディング開始1日で目標達成

モテるデキるをお酒コントロールから。

[宮原れい,ねとらぼ]

 東芝およびスタッフは3月25日、学習型アルコールチェッカー「TISPY(ティスピー)」開発のため、クラウドファンディングで支援者の募集を開始しました。



 使い方はシンプルで、「お酒を飲む前」や「飲みの途中」でTISPYに息を吹きかけるだけ。すると呼気中アルコール濃度を測定し、飲酒ペースや水を飲むタイミングをアドバイスしてくれるとのこと。終了ボタンで計測完了した後は“酔いさめ予測タイマー”が起動し、お酒が抜ける予測時刻をカウントダウンでお知らせしてくれます。


アルコール管理ガジェットTISPY 息を吹きかけると自動で呼気中アルコール濃度を測定

 見た目はちょっと大きめの目薬といった感じですが、有機ELディスプレイとシルバーのキャップがおしゃれなデザインとなっています。隣の人に「それってなに?」と興味を持たれるちょうど良い主張加減。


アルコール管理ガジェットTISPY 表面は有機ELディスプレイになっています

 また「二日酔いになったかどうか」を入力することで学習し使用者にパーソナライズされる機能も。通常のSDカードではなく、FlashAir(無線LANを搭載したSDカード)をセットすることでスマホのWebアプリと連動する機能もあるそうです。


アルコール管理ガジェットTISPY スマホと連動し、データを蓄積

 支援コースは8100円からで、FlashAirとのセットだと9800円、その他2個・10個購入による割引コースもあります。(一般販売想定価格は1個1万1556円)

 目標金額は150万円でしたが、1日目の時点ですでに目標を達成。26日17時時点で243人が出資しており、目標の165%にあたる約247万円を集めています。


(宮原れい)


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー